「ほっ」と。キャンペーン

アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

講義なのにねえ・・・

出席票やレポートに
「講議」とどうしても書く学生が後を絶たず・・・

講議 じゃないよ 講義 だよ。

どうしてなんだろう???
http://www.asanoshiro.org/genko/nenkinjidai/73.htm
・・トップは、講議(講義)であり、毎回、注意するが直らない。上記の「至金を苦面する」は、感覚としては面白いが、果たして、本来の漢字の使い方を知った上での上級者コースなのかどうかは、不明である。

 誤字としての頻度が高いものを、思い出す限り、挙げてみると、幣害(弊害)、借す(貸す)、不詳事(不祥事)、専問(専門)、当時者(当事者)、最もだ(尤もだ)あたりである。地方自治も教えていることから、よく出てくる間違いは、知事を地自、自治体を地治体・自地体、議員を義員といったものである。

よかった、誤字のなかに、講議もあって、しかもトップ。うちも慶応並みっていうこと?
[PR]
# by kogurearts | 2009-06-03 10:50 | 学生とともに

制作(アーツマネージャー)さんの仕事

制作(アーツマネージャー)さんの仕事

― パフォーミングアーツの場合 ― メモ案    2009.06.03 kogure.n



準備・プロセスづくり

 企画会議・・・メモ、資金計画

 スケジュール調整・・・スタッフさがし、連絡網づくり

 稽古場・ワークショップ場・公演場所さがしと予約

 アウトリーチ・関連企画の提案・調整





資金・協力づくり

 助成金、協賛対象候補リスト調査

 企画案(企画書)づくり・・・助成申請用、協賛者・協力者・後援者さがし用  

 企画書送付

 プレスリリース用ペーパーづくり・・・プレス発表準備、プレス送付・電話・訪問





期待をつくる

  チラシづくり・・・宣伝美術家(写真家なども)えらび、イラストレーターなども

           置きチラシ、挟み込み、送付

  ホームページ・ブログづくり

  チラシやHPのための撮影会





具体化していく

  招待者・プレスリストづくり → 招待状発送、案内(顧客名簿)発送

  チケット販売:ぴあ・ローソンなどとの契約 手売り(関連会場への販売委託など)

  メール送付、ブログ・掲示板などへの書き込み

  取材対応、稽古場案内

  事前のアウトリーチ開催(その告知、意見集約)

  公開稽古、試演会(ワーク・イン・プログレス)による告知・批評効果





空気をつくる

  当日パンフづくり・・・席についてからの短い時間にどう役立つか。

          終わってから保存してもらえるようなものか

  (有料パンフレット?+当日販売ノベルティや脚本・DVDなど)

     アンケート、他のチラシの挟み込み





つぎにつなげる

  アンケートづくり→何をどのように聞くのか

          回収率をどうやってあげるか。それをどのように分析し共有するか

  打ち上げの予約、確認、誘導

  ・・・打ち上げを批評家対応や次の企画のはじまりなどとして活用 

  当日写真、動画の撮影者さがし。記録の実施と編集、保存 

                          



観客になってもらう ― お客さんが社会的自分を捨てる準備づくり

  客いれ、案内、誘導、荷物あずかり

  前説・・・諸注意(携帯・飲食喫煙・撮影は禁止かどうか、休憩の有無、上演時間など)

       会場案内(非常口、誘導者)観客の心と身体、両面からの準備を促すもの





つづく心くばり ― 公演中から公演後へ

 非常時対応・・導線の確認、トイレ、非常灯点灯、感染症・食中毒などへの気遣い  

 スムーズな客出し(アンケート促進)、挨拶、料金の確保   

 観客数の把握

 アンケート、ブログなどでの感想を集約

 招待客・ポスト記事を書いていただいた方などへのお礼状(メール)

 収支決算づくり 助成・協賛団体への報告書づくり
[PR]
# by kogurearts | 2009-06-03 07:24 | 文化政策のプレザンス

塩谷陽子さんの文章

http://globe.asahi.com/meetsjapan/090420/01_01.html[第8回] ハラキリとMangaのはざまで

〈文化輸出〉に必要なもの
塩谷陽子 Yoko Shioya ジャパン・ソサエティー芸術監督
・・・・・
ある文化的素材がポピュラーになることと、それが《正しく》認知されることとは無関係……というより、むしろ昨今では、知られ方が広がるほど「正しさ」からは遠のいてしまうようですらある。何にせよ「いまだ」で形容されるハラキリやフジヤマ・ゲイシャの古い日本文化と、近年盛んに輸出されてパワーをふるい始めた新しい日本文化との間には、浸透の仕方に差異がある。
その差異は、伝わるルートの違いでもある。ハラキリやフジヤマ・ゲイシャを欧米に伝えたのは、当時日本を見た欧米人その人たちだった。一方、近年日本が好んで「ソフトパワー」と呼ぶたぐいの文化・物産を海外に届けたのは、市場という仕掛けである。
『マッハ…』をはじめアニメなどのソフトが広がったのは、国の文化外交の賜物(たま・もの)なぞではなく、市場先導で起こったものだ。市場は「正しさ」には無責任だが、パワーをふるう。そこに国が「ソフトパワー、文化の輸出」という言葉を冠して《便乗》しただけだ。

[PR]
# by kogurearts | 2009-04-25 12:31 | お奨め

花結いTAKAYAさんのイベント花衣華@高台寺 塔中 月真院@

いしまるあきこさんがスタッフをするというメールをいただいたので、ご紹介。いかにもいまどきの若者の感じかな?http://karin-sound.com/より引用
5月9日 花結いイベント共演(京都) スタッフ・いしまるあきこ
花結いTAKAYAさんのイベント花衣華(かいか)でかりんが演奏をします!
非常に美しい花と、髪への大胆なアレンジメントの、TAKAYAさんのパフォーマンスそのものが期待大!

さらに、場所は美しい京都のお寺。アーティスティックな一夜に。

「花結いTAKAYA」http://takaya.boo.jp/
TAKAYA、モデル、ダンサー、かりんの計7名によるパフォーマンスイベント。

時間:18:00開場 18:30開演
場所:京都 高台寺 塔中 月真院 http://www.kodaiji.com/
京都市東山区高台寺下河原町526番地

料金:予約3500円 当日4000円
予約方法:メールで連絡info@takaya-hanayuishi.jp
問合せ:メールinfo@takaya-hanayuishi.jp
    TEL075-585-8901

[PR]
# by kogurearts | 2009-04-13 10:40 | 情報収集

4/26 大住シンフォニックバンド  八幡市文化センター大ホール

うちのゼミ生がメンバーです。彼女のmixiによるPRより転写。
わたしの地元のホールです。ぜひ。でも、わたしはフランスパンの公演が先約でした。でも、ぜひ
大住シンフォニックバンド 創団20周年記念 第16回定期演奏会
日時 2009年4月26日(日)
開演14:00   開場13:30
場所 八幡市文化センター大ホール

チケット 前売:500円  当日:700円 中学生以下無料

指揮 尾崎雅規  客演 次田心平/Tuba(ジャズコンチェルトをやります!!)

曲目
★創団20周年記念委嘱作品
 語りと吹奏楽による 音楽ものがたり「一休さん」
 作曲/櫛田てつ之助
危険・警告これ初演です!!つまり世に出るのがはじめてです!!見逃さないでくださいぴかぴか(新しい)
★仮面舞踏会
★風の精 酒井格:作曲

初演作品あり!
ジャズあり!
クラシックあり!
と、盛りだくさんの演奏会です!
お誘いあわせの上ご来場いただけるとうれしいです!
たくさんの方のご来場心よりお待ちしています!!

[PR]
# by kogurearts | 2009-04-09 07:47 | お奨め

限界芸術でひっかかったブログ

http://d.hatena.ne.jp/OEIL/20090327
[PR]
# by kogurearts | 2009-04-06 05:56 | 研究活動

東大の授業料免除制度

http://blog.goo.ne.jp/nomidasama/e/bb23a58f3f10fbfc0a5413663ac1270a
東京大学は2008年度から、家庭の年収が400万円未満なら授業料(年53万5,800円)を一律に全額免除する。
いろいろ、考えさせられる・・・

東大のサイト・・・

http://www.u-tokyo.ac.jp/stu02/h01_02_04j.html

[PR]
# by kogurearts | 2009-04-05 09:56 | 情報収集

東総合支援学校へのボランティア

京都市立東総合支援学校http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/higashi-y/は、京都橘大学のご近所さんです。私はまだ行ったことがないのですが、バス停国道大塚で降りて10分ぐらいのところにあるそうです(バス停を降りる生徒さんを今日も見ました)。

そこで、学生ボランティアを募集されているようです。
近くなので、とてもいい経験が出来ると思います。わたしのゼミにおいて、そこの活動のレポートは色々評価対象となるでしょう。それだけではなく、メックやかえっこにおいても重要なポイントになります。

一人で行くのが恐い学生がいましたら、私も一度はご挨拶に行きたいので、一緒にいきましょう。
平成20年度 学生ボランティア募集
本校では,広く学生ボランティアを募集しています。
障害のある子どもたちと共に様々な活動にボランティアとして参加してみませんか?
活動曜日や時間についてはご相談に応じます。
ボランティア募集の内容
☆活動内容
・障害のある児童生徒の生活支援,学習補助
・山登りなど,校外学習の引率
・ソフトボール,卓球等のスポーツの指導
・打楽器やピアノを使った音楽の指導
・絵や工作などの造形活動の支援
☆期 間
毎週月~金曜日(週1日でも可)
☆時間帯
午前9時~午後3時20分(相談に応じます。半日でも可)
☆募集人数
小学部,中学部,高等部とも各3名程度
ボランティアを希望される方は,学校までお電話ください。
電話番号(075)594-6501


More東総合支援学校のNews
[PR]
# by kogurearts | 2009-04-03 10:25 | 求人

4/11(土)かえっこバザール見学会

かえっこバザール見学会
by こぐれゼミ(ゼミ生以外、妹弟なども含めて一緒に参加オーケー)

4/11(土) 9:50までに近鉄・上鳥羽口駅集合。無料。
おもちゃを持ってくると楽しい。解散は適宜。


以下、2回生、3回生ゼミ生へあてたメール

去年は3月でしたが、今年は4月。でも、4月11日(土)、春のJAF京都さんのかえっこバザールへみんなでいくことにします(授業ではないので、来れない人は無理しなくていいので、連絡だけくださいね)。
場所は去年とちょっとだけ違っていて、近鉄・上鳥羽口駅から7分ということです。地図→http://www.jaf.or.jp/profile/general/office/map/5-2.htm
10時からですので、9時50分までに、近鉄・上鳥羽口駅集合でお願いします。もし、遅れる学生さんは、地図もあり、分かりやすそうなので、自力でお越しください。13時からもあるので、午後の参加もオーケーです。

せっかく行くので、おもちゃのかえっこをしましょう(仕組みが分かります)。できれば、いらなくなった(でもまだ使える)ぬいぐるみや昔のおもちゃ、絵本などを持ってきてください(ゲームなどは不可のようです)。かえっこカードを持っている3回生はカードも持ってきてね。
[PR]
# by kogurearts | 2009-03-27 11:40 | お奨め

アサーティブ アサーション

アサーティブ・コミュニケーション http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20080402/297843/
http://www.hitachi-system.co.jp/mental/vol7/index.html

アサーション http://www8.plala.or.jp/psychology/topic/assertion1.htm
 アサーションの発祥はアメリカで、1950年代に行動療法と呼ばれる心理療法の中から生まれました。当初は自己主張が苦手な人を対象としたカウンセリング技法として実施されていましたが、その理論は1960~70年代には「人権拡張」「差別撤廃」運動において、それまで言動を圧迫され続けていた人達に大きな勇気を与えました。そして、アメリカでその理論を学んだ平木典子氏が日本へ紹介し、日本の風土にあった方法で実践を行っています。
いかにも、アメリカ的なものだろうけれど、ビジネスと演劇(演技)を考えるとき、すこし役立つ用語かも知れないので。
[PR]
# by kogurearts | 2009-03-23 13:16 | 研究活動

丁髷と月代 延べ

やませいで、丁髷ってどう結ぶんだろうと思った。
これは、サイトでだいたい分かった。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310888748

でも、延べ人数とか、延べ日数、とかいうときに、どうして述べっていうのかという
林さんの疑問は、まだ、よくわからない。
延という漢字を、国内で、そういう意味で使うようになったということしか。
[PR]
# by kogurearts | 2009-03-23 13:02 | 雑記

たちばな酒、たちばなスウィーツ・・・

昨日、岩清水八幡宮の橘の木を見てきた。
小さな実をすでにつけていた。
岩清水八幡宮では、2003年から、橘酒を開発して、評判がいいという。
http://wilderness.web.infoseek.co.jp/temple/iwashimizu/iwashimizu.htm
 京都府八幡市の石清水八幡宮で22日、新年に振る舞う橘酒に使うタチバナの実の収穫が始まった。緋(ひ)色のはかま姿の巫女(みこ)が、黄金色の実をひとつひとつ丁寧に摘んではカゴに入れた。収穫した実は23日の新嘗(にいなめ)祭で神前に奉納した後、城陽市内の酒造会社で橘酒に仕込む。

 タチバナは「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」ともいわれ、古事記や日本続紀では不老不死の効能があるとされる。

 橘酒は、主祭神である応神天皇が戦に勝ち、迎え酒を飲んだという故事にちなんで、2003年に同八幡宮が開発し、06年から正月の参拝客に販売している。さわやかな香りでほのかに甘く、参拝客に人気という。08年は約2000本の販売を予定している。

 この日は、巫女3人が、本殿内に2本あるタチバナの木の1本から、ピンポン球くらいの大きさの実をはさみで切り取り、約20キロを収穫した。収穫した実は、橘酒にして3年間熟成させる。

これって、京都橘大学でのオリジナルグッズのヒントにならないだろうか。

たちばな酒もいいし、たちばなスウィーツもありだ。
もちろん、そんなに栽培されていないことがネックだけれど、だったら、学園で栽培したらどうだろう・・・
たちばなカルティベート・・

すでにこんなものもあるな・・・http://blog.livedoor.jp/youan164/archives/50594468.html
[PR]
# by kogurearts | 2009-03-20 12:01 | 雑記