アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

安本美典『日本人と日本語の起源』を読んで「文化」についてちょっと考える

安本美典『日本人と日本語の起源』(毎日新聞社、1991)、昨日の電車の往復の間に読んだ本。著者によると、日本語の起源はこういうふうになる。まず縄文時代までの基礎的な「古極東アジア語」(朝鮮語やアイヌ語もここから出てくる)をベースにした日本語基語があった。ここへ紀元前3~4世紀に江南からビルマ系の言語が来て、日本語祖語=倭人語ができたというのである。

魏志倭人伝のなかで、邪馬台国などを形成する倭人が「黥面文身」(顔に入れ墨をし、身体にも入れ墨をする)している風俗が、中国江南地方のものである部分も興味深い。入れ墨やポンチョ(貫頭衣)などの南方系習俗が「弥生人=南方系説」の根拠の一つ。

日本において、国家をはじめて形成した人たち(「政策」形成者)が、「文」する(=入れ墨をする)人たちだったわけだ(鮫などを追い払う呪文的な模様だったと書かれている)。これって、逆説的だが弥生人が身体を人工化した「文化」を体現しているということになるのだろうか。1万年前のイヌの化石が日本で発見されていることなど、本筋でない部分も面白い。アイヌ人と日本人の関係をずいぶん遠くぼくたちは思っていたのではなかったか、という反省も読みながら感じる。

「文化」の漢語的意味が「文徳で教化すること。力や刑罰を用いないで人民を教え導くこと」(漢語林)とあるが、これと入れ墨とはどう関係するのだろう。象形文字としての「文」が「人の胸を開いて、そこに入れ墨の模様を書くさま」であることと、刑罰として入れ墨を入れる(漢民族ではないという差別をするためという)こととの整合性をどうつけたらいいのだろう、時代的な変遷か。先に書いたように、漢民族に追われた江南の民(入れ墨をしていたことで、漢民族からは劣位の民族と思われていた)が弥生人の源流の大きな塊だとすれば、これも大きな謎だ。

文化政策の起源を日本に探すと、幾重にも「黥面文身=入れ墨」が重要なポイントになるかもしれない。
[PR]
by kogurearts | 2004-12-31 16:44 | 研究活動