アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

本屋で買った雑誌、古本屋から届いた本など

c0009815_2240827.jpgこれらをアップしたのは、今日届いていた『限界芸術論』(初版1967年第1刷、1968年第2刷)を写したかったため。文庫本(99年発行、写真の右側)と違うところは「芸術の発展」で初版は表が横書きになっているところだけだが、そのあとの大衆芸術論関連での所収論文がいくつか違っている。初版は定価750円だった。買ったのはその3倍ぐらいの値段。でも、とてもぼくには嬉しいもの。
c0009815_22403028.jpg『いれずみ(文身)の人類学』の著者、吉岡郁夫さんは医学が専門。なるほど身体装飾と関係するわけか。
c0009815_22404690.jpg2回生の実質的ゼミ(クラス)の後期に『スローライフな未来が見える』(真柴隆弘、河出書房新社、2004.2)を使う。概略的なサーベイなので、授業で深めたり、学生たちに具体的なことを調べてもらうのに適している本。

その関連で、気がついたときにスローライフに関連する雑誌などを手に入れるようにしなくちゃと思い、いつもの『クウネル』だけでなくあと2冊買っておく。
c0009815_2241491.jpg
[PR]
by kogurearts | 2005-01-07 22:40 | 研究活動