アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

指定管理者制度によって財団が解散されるニューズ

http://www.kanalog.jp/news/local/entry_16088.html
 横浜市の外郭団体「市勤労福祉財団」の存続が事実上困難になったことが七日分かった。同財団が管理運営を行ってきた市技能文化会館(横浜市中区)への指定管理者制度導入で、二〇〇六年度からの優先交渉権者選定に漏れたことが原因。主要業務がなくなり、今後は解散に向けた手続き開始を検討するという。
 指定管理者制度の導入に伴い、同市は同会館の管理者を公募。同財団ら二団体が応募したが、選考の結果、ファンケルホームライフ(中区)が優先交渉権者に決まった。指定期間は〇六年四月から一一年三月末までの予定。七日に開会した市会第四回定例会に、管理者指定の正式決定に向けた関連議案が提案された。
やっぱり、この記事がそういう論調だからそう思うのですが、財団固有職員はどうするんだろうと思いますね。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-11 09:10 | 雑記