アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

観光についての基礎レジュメ

まちおこしの一つとしての観光(京都橘高校用のメモ)

まちおこしの一つ :まちの産業を元気にする。他の地域の人たちと交流する
文化政策の一つ :自分のまちの文化と違う文化を実際に見聞し体験する

観光:国の光を観る   行楽 遊覧 ツーリズム
   Tour(周遊すること)の日本訳 touring ツーリング 
   「宿泊旅行」:「観光」「兼観光」「家事・帰省」「業務」「その他」
    → 宿泊旅行のなかで、ビジネスや帰省などをのぞいたもの

観光とは・・・
 自由時間の中で(余暇レジャー活動の一つで)、     時間
 日常生活圏を離れて行う様々な活動であって、     空間(場所)
 触れ合い、学び、遊ぶということを目的とするもの   目的

◎マスツーリズム 持続不可能な観光 
大衆観光 集団で移動 同じところ、同じ見聞
          目的が、メンバー間の親睦にあったりする
◆大規模開発・利益優先。
◆環境、住民生活に与えるマイナス影響を考慮しない。
◆業者にのみ利益がいくような経営フロー。
◆観光客の質より量を重視。
◆住民とのトラブル。
◆建造物を傷つける。
◆多文化性を理解しない。有名なものの消費

◎オールタナティブツーリズム Alternative Tourism   持続可能な観光
グリーンツーリズム(エコツーリズム、ネイチャーツーリズム)
カルチュラルツーリズム フィルムツーリズム
◆ゴミのリサイクル、水質汚染防止などの環境問題に取り組む。
◆観光収入が地元経済に平等に分配還元される。
◆ゲストに情報を与え、環境や地元住人への配慮を促がす。
◆景観に配慮し、地元特産の材料を使用したり、ソーラーパネルなど省エネをとりいれたエコロッジ建築など。
◆伝統文化の保存継承学習や自分のルーツとかアイデンティティの再発見。
◆プロのガイドが同行し、ゲストへ行動指針を示したり、環境モニタリングが行われている。
◆観光収入が自然保護のため役立てられる。

環境が保全されており、地元民の福利に貢献している自然地域へ、責任をもって旅することをエコツーリズムとする。 
[PR]
by kogurearts | 2006-09-15 21:38 | 雑記