アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

お勧めのフォーラムです

病院とアーツとの関係を考えるためにも、とても大切な集まりになりそうです。
わたしも、行こうと思っています。ブラックチェンバーも行っていないので、一緒に。
以下、大阪アーツアポリア代表さんからの情報引用です・・・

<療養環境フォーラムin KINKI 4th>
『療養環境ってなあに? -vol.1 院内教育について-』

病院でのアート活動を中心に取り上げてきた「療養環境フォーラム」も、第4回となりました。今年からは意外と知られていない“療養環境”について、毎年一つづつテーマを設定して多角的に掘り下げていきます。シリーズ第1回は「院内教育について」。病院ではどのような教育が行われているのか?院内学級って、どの病院にもあるの?など、素朴な疑問から、入院するこどもたちの現状を探っていきます。院内教育の経験者や参加のみなさんとの意見交換から、現場でどのような改善や支援が求められているかが見えてくるかもしれません。

◆日時:10月28日(土) 14:00~17:00
◆場所:應典院(研修室B)
 <應典院の情報はこちら http://www.outenin.com/ >
◆参加費:500円(飲み物付き)

◆プログラム
14:00~14:10  挨拶
14:10~15:00  レクチャー「医療機関における特別支援教育(院内教育)の現状」
 講師:川戸明子 (大阪府立羽曳野養護学校 校長)
15:00~15:40  トーク「院内教育の実際」
 講師:織田武文 (元大阪市養護学校教諭)
15:40~15:55  休憩
15:55~17:00  意見交換会「院内教育について」
 ナビゲーター:山口洋典(應典院主幹)
全体進行役:山口悦子(大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学)

◆対象:一般市民、療養環境改善活動に関心を持つ福祉・教育・芸術関係者
◆主催:ホスパ!(Hospartner Net)、應典院、大阪市大小児科療養環境グループ
◆共催:NPO法人大阪アーツアポリア
◆助成:大阪コミュニティ財団(ディズニーこども基金、ゆうぴーこども難病助成基金)、文化庁
◆問い合せ:mihonakanishi_9@h...(中西美穂)

※フォーラム終了後に大阪市大病院で行われた「アーティスト@夏休みの病院2006」
に関連した観劇ツアーがあります。(舞台美術に、こどもとアーティストが共同制作
した作品が提供されています。)
参加ご希望の方は会場でスタッフに声をおかけください。 17:30應典院出発、観劇後21:00に現地解散予定。

◇交通費・鑑賞料各自(フォーラム参加者は前売2000円でご覧いただけます。)
◇劇企画パララン翠光団 「わたり双樹」(第6回大阪野外演劇フェスティバル)
◇会場:ブラックチェンバー(地下鉄四つ橋線「北加賀屋」駅)
http://www.namura.cc/blackchamber/index.html
◇19:00開演(18:30開場)

「アーティスト@夏休みの病院2006」についてはこちら
http://artsaporia.exblog.jp/i7/
[PR]
by kogurearts | 2006-10-12 10:20 | お奨め