アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

アジールについて

内田樹先生のブログを読みました。

http://blog.tatsuru.com/2007/01/12_0936.php
以下、引用です:
社会の均質化・規格化の圧力に対する「否」は、そのような圧力から逃れることのできる「小さな場所」を社会の片隅に構築するかたちで実現されるしかあるまい。
権力や財貨や情報や文化資本が差別化のために過度に機能しないような「逃れの街(アジール)」を同一的な社会の中の特異点として築くこと、それがかろうじて私たちにできることではないか。
女子高等教育機関はその「場違い性」によって日本教育史の特異点であり続けた。私はそういうふうに考えている。


次年度の専門ゼミ、小暮が担当するアーツマネジメントのゼミ生はみんな女性でした。
男女共学になった1期生なのに・・・・
アーツマネジメントをおこなうべき場(親密圏はもとより、オールタナティブな公共圏においても)は、男女ともに、アジールであるはずと思いつつ。
[PR]
by kogurearts | 2007-01-15 10:23 | お奨め