アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

ゆっくり生きる

ゆっくり生きる。What Is the Real Nature of Being?
いま開催中の芦屋市美の展覧会のタイトル。
ゆっくりアーツできなかったから、大騒動になってしまったミュージアムじゃんけ、とかいやみを言っても仕方がないし、いい展覧会だよなあと思いつつ、なかなか。
本展は、そうした速さを念頭におかない遅さ、いいかえれば、速度を気にすることのない時間の捉え方を実感する機会となることをめざし、赤崎みま、松井智惠、森口ゆたかによる仕事を紹介します。その作品は、たとえば、一見取るに足らないように思える細部に飽くことなく目を凝らしたり、規則や体系からははみ出してしまう断片的なものを見つめるといった、立ち止まりや逆戻り、矛盾や混沌をゆるやかに肯定する視線に満ちています。本展が、速さと遅さの対比で語られる時間とは別種の時間を生きる体験となれば幸いです。
は~い。

2/16に音楽ライブもあるそうなので、なんとか、芦屋市美に久しぶりに行こうかとか思っている。
http://www.ashiya-web.or.jp/museum/01top/f_top.html
【コンサート:耳をすます】
石村真紀氏、三宅博子氏
2008年2月16日(土)午後2時~3時 ホール
入場無料[要観覧券]、申込不要

ピアノとクラリネットの即興による音の響き合いを楽しみながら、来場者も音作りに参加できる体験型コンサート。身の回りにあるものから思いがけない音楽が紡ぎ出されることを実感するひとときです。

石村真紀氏:こどもと即興音楽でコミュニケーションをとりながら支援していくクリエイティブ・ミュージックセラピー(音楽療法)をイギリスで習得、帰国後、病院や施設で実践。即興音楽のピアニストとしてコンサート活動も行う。相愛大学音楽学部准教授。

三宅博子氏:大阪音楽大学音楽学部クラリネット専攻卒業。その後、重症心身障害児施設で保育士として経験を積む。現在はハンディキャップのある人との即興的音楽セッションを行いながら、音楽療法の研究に取り組む。

[PR]
by kogurearts | 2008-01-21 19:13 | お奨め