アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

目の見えない人たちと美術鑑賞できるチャンスです

一人でふらりとこの前行って来たところですが、一人もいいけれど、こういう鑑賞ツアーは、アウトリーチとは何かとか、いろいろ学習できますので、すごくお奨めです。假奈代さんのサイトからまた転載します。
ミュージアムアクセスビュー 第19回 美術鑑賞ツアー
   〜「河井寛次郎記念館」を鑑賞しよう!〜

 今回は大正から昭和にかけて京都を拠点として活動した陶芸家 河井寛次郎がかつてそこで生活を営み、数々の芸術作品を生み出した旧宅、「河井寛次郎記念館」を訪れます。
 彼は無名の職人たちが作り出す実用品のなかにこそ、人間生活にとって欠かせない簡素で健康的な美があることを見出し、柳宗悦や濱田庄司らとともに「民藝運動」を推進したことでも知られる芸術家です。

 多くの車の行き交う大通りをほんの少しはいったところに建つ記念館は、外から見るとひっそりとしたたたずまいの普通の町家。でも一歩中へ入ると、日本各地の民家を参考に、寛次郎自らが設計した建物は木の温かみに溢れ、日々の生活に素を尊んだ彼の静かな精神を感じさせます。また住居部分を通って奥に進んで行くと、思いがけないものとの出会いが待っています。
 記念館には陶芸作品のほか木彫、書、彼自身の製作や意匠による家具や調度品、蒐集品などがさりげなく配置され、まるでいつまでも時間が止まったままの不思議な空間に迷い込んだような気持ちになることでしょう。
 それらの作品の中には触れるものもありますし、寛次郎デザインの椅子に座ったり家具に触れることもできますので、触覚による鑑賞もお楽しみ下さい。

 小さなグループに分かれて自由に鑑賞した後は、近くのカフェを貸切り、手作りケーキとお茶でくつろぎながら語り合い、余韻に浸りたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

++++++++++++++

■日時: 2008年7月6日(日) 2時受付(終了時刻 5時頃予定)

■集合場所・時間: 1. 「河井寛次郎記念館」前  2時
 2. 京阪五条駅改札前(改札はひとつです)1時40分
*その他、別の場所での待合わせ希望の方は、申込み時に個別にご相談ください。

■参加費用: 1000円(入場料、運営費含む)

■鑑賞後の茶話会参加費用: 650円 (ギャラリーカフェふじひら 手作り
ケーキセット)

■募集人数: 見えない人・見えにくい人:10名  見える人:20名 

■当日スケジュール

  2:00〜2:15 受付
  2:15〜2:30 グループ分けなど
  2:30〜3:50 鑑賞
  3:50〜5:00 ギャラリーカフェ ふじひらに移動後、茶話会

■「河井寛次郎記念館」
   〒605−0875 京都市東山区五条坂鐘鋳町569
   電話・ファックス: 075−561−3585
   交通: 京阪電車 「五条」駅より五条坂を東へ徒歩10分 「六兵衛窯」角
から南に50m市バス 「馬町」下車徒歩1分 
(JR京都駅より206番系統、四条河原町より207番系統)

■申し込み. / 問い合わせ
  ・ミュージアム・アクセス・ビュー(阿部)まで
    携帯電話 080-5352-7005
    (留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)
  ・メールアドレス 
    museum_access_view●yahoo.co.jp
   ( 受付後、折り返し確認メールを送ります)
※お名前、連絡先、障害の有無、同伴者の有無をお知らせ下さい。
※定員になり次第締め切りますのでお申込みはお早めにどうぞ。

[PR]
by kogurearts | 2008-06-10 11:43 | お奨め