アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

林加奈さんのおてづだいとしてTAM研来てもらうと助かるかも

林加奈さんのおてづだいとしてTAM研来てもらうと助かるかも。
林さんに聞いてもらう必要がありますが、すこし紙芝居してもらえばありがたいし・・・・
京都総文で活躍した学生と「第26回国民文化祭・京都2011」
基本構想・起草委員長との交流会の開催について

平成20年6月12日
京都府文化環境部
国民文化祭準備課
(電話:075-414-4225)             



1 日 時
  平成20年6月23日(月) 午後6時~

2 場 所 等
「京都ならでは」の新たな文化創造の発信基地である「京都国際マンガミュージアム(京都市中京区烏丸通御池上ル)」を視察し、国民文化祭・京都のイメージを膨らませながら、意見交換を行う。

3 参加者
・京都総文 生徒企画委員7名
・第26回国民文化祭開催準備委員等
鷲田(わしだ) 清一(きよかず)(大阪大学総長)
         小暮(こぐれ) 宣(のぶ)雄(お)(京都橘大学教授)
  林(はやし)  加奈(かな)(音楽家・画家・大学講師)
・コーディネーター  鈴江(すずえ) 昭(あきら) (元京都府高等学校芸術文化連盟会長)

4 内 容
・館内視察
・意見交換1「京都総文を振り返って」
・意見交換2「国民文化祭で何ができるか」
・その他「京都総文」「過去の国民文化祭」映像鑑賞 等

[PR]
by kogurearts | 2008-06-12 10:15 | 雑記