アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:研究活動( 65 )

青森市へ行く

c0009815_21454814.jpg

c0009815_21461577.jpg

c0009815_21463042.jpg

c0009815_21464331.jpg

c0009815_21465587.jpg

c0009815_21473118.jpg

c0009815_21475060.jpg

c0009815_21481450.jpg

c0009815_21482512.jpg

c0009815_21483443.jpg


[PR]
by kogurearts | 2005-05-05 21:47 | 研究活動

第3回地域芸術文化振興論のレジュメ作成

地域芸術文化振興論 2005.4.25

1) アーツマネジメントについての定義を2つ
1-1) アート・マネジメント【arts management】 from http://www.mecenavi.info/2003/ 「メセナビ」企業メセナ協議会
1-2) 総合研究開発機構(NIRA) (1998.3)《アートマネジメントと文化政策 -我が国の文化政策の将来構想に関する研究-》http://www.nira.go.jp/pubj/output/dat/3208.html

2) アーツマネジメントのABC
(A)  ars art(beaux-arts、arts d’agrément) arts Kunst

(B) Society business 社会 家族 コミュニティ 共同体 国 地域

(C) Manager(支配人、やりくりじょうずな人、主宰者、処理者、敏腕家) manage(馬などを御する、船などを操縦する、経営=管理する、どうにかして・・・する、うまく・・・する)
coordinator(coordinate=対等にする、統合する、調整する) 何とかやっていく人 違いを認めつつ、架け橋となる人、組織

3) 文化政策とアーツマネジメント

4) アーツマネージャーの10か条
[PR]
by kogurearts | 2005-04-21 08:00 | 研究活動

現在判明している学外授業です 注意してメモっておいてください

5/15(日)13:00~16:00頃 ボーダレスアートギャラリーNO-MA(近江八幡)「伊藤存さんと遊ぶ刺繍会」参加 アートマネジメント1(大学院:5/28振替休講)

6/12(日)13:00~14:30頃 大阪港『GUYSⅢ』鑑賞 芸術文化鑑賞演習b(6/24振替休講)

6/25(土)13:30~16:00頃 京都市東部文化会館『こども文化フォーラム』参加 自分探しの旅c(6/21振替休講)、文化のまちづくりⅠb(6/24振替休講)、アートマネジメント1(時限の変更)、地域芸術文化振興論(6/27振替休講)、文化政策基礎演習ⅠG(6/22振替休講)

6/26(日)13:00~16:00頃 京都市東部文化会館『こども文化フォーラム』第2日目(子どもと遊ぶワークショップなどに参加*手伝い) 専門演習Ⅰ(6/27振替休講)、専門演習Ⅲ(6/27振替休講)
[PR]
by kogurearts | 2005-04-17 11:06 | 研究活動

演劇ビジネス研究会は、4/25(月)

今度の演劇ビ研(演劇を活用した京都らしいビジネスモデル研究会~いい加減な記憶で書いている)は、4/25(月)の16時半から約2時間。

場所は、新しい建物(清香館の確かB106)なので、まず、清風館2階の学術振興課受付で聞いてください。
今回は、特に楽しいので、この日だけ来る人も大歓迎。
蓮行さんはじめ、アーツ側から、ビジネスシーンに活かせるワークショップ提案があるのです。
それに対して、厳しくも愛情たっぷりの指摘をビジネス社会側からしてもらう、そういう趣向です。

とくに、大学院生にお奨め。学部生も参加オーケーです。
[PR]
by kogurearts | 2005-04-14 07:19 | 研究活動

研究会の報道がありました

京都経済新聞における紹介 演劇ビジネス研究会について
http://www.kyoto-keizai.co.jp/1883.html
日乗のほうに載せましたが、こっちのサイトに書いたほうがよかったかも知れませんね。出席、みなさん、どうぞ。
 研究会が行う活動は、①演劇力を活用したビジネスモデルの実態把握、②京都市民などの演劇についての意識調査、③市民の実態に合わせたビジネスモデル構築と試行、の3つ。
 具体的に①では、演技指導によって分かる「見せる技術」を、経営者やビジネスマン向けに講習することを想定。経営者向けには対外的に事業説明をする際や、記者会見でを催す場合やインタビューを受ける場合などに活用してもらう。また、ビジネスマン向けではプレゼンテーションスキルの向上などに活用できるという。
 また、②では従来演劇に関心が薄い人に対し、どのようなプロモーション活動を行えば関心を持ってもらえるかを探る。潜在的な演劇に対する需要を調査するほか、演劇以外の企画との組み合わせなどを想定している。③では、①、②の研究活動によって得られた成果を実践するための具体的なビジネスプランを構築する。

[PR]
by kogurearts | 2005-03-16 08:32 | 研究活動

法政大学地域政策研究賞奨励賞

金額はともあれ、パチパチパチ(小鹿さんも朱さんもありがとう!) 今年も多分、秋に応募があると思います。今度はタフ5とか、学生提案とか、取りに行きましょうか(授賞式の旅費は出るそうですから)。東京の就職活動もかねて。
--------------------------------------------------------------------------------
第二回法政大学地域政策研究賞イノベーティブ・ポリシー賞受賞作決定・表彰式
◆ 日時:2005年2月25日(金)17:30~
◆ 会場:法政大学市ヶ谷キャンパス・ボアソナードタワー26階スカイラウンジ
◆ 表彰式次第:
  1.開会挨拶   常務理事・法政大学地域研究センター所長 平林 千牧
  2.審査総評   法政大学地域研究センター副所長 岡本 義行
  3.表   彰   法政大学総長 清成 忠男
  4.レセプション  受賞者挨拶と審査員講評
◆ 受賞作品
 【法政大学地域政策研究賞】
☆学生優秀賞(副賞10万円)
         「高校版EMSの確立事業 -環境も日本一!-」
                           長崎大学環境科学部4年  清水 耕平 殿
☆優秀賞(副賞10万円)
         「“地域防災力”強化宣言-進化する自治体の震災対策-」
                       板橋区福祉部板橋福祉事務所 鍵屋  一 殿
☆優秀賞(副賞10万円)
         「平成15年度新宿区における外国籍住民との共生に関する調査」
                          財法人 新宿文化・国際交流財団   殿
☆奨励賞(副賞5万円)
         「(京都橘女子大学文化政策ライブラリー02)『文化政策の可能性』
                         -コラボレートする山科からの提案-」
                        京都橘女子大学 文化政策研究センター 殿

☆奨励賞(副賞5万円)
       「都市における親水施設の過程と展開に関する研究
                          -東京都江戸川区を事例として-」
    東京都立大学大学院都市科学研究科都市科学専攻博士課程 坪井 塑太郎 殿

 【イノベーティブ・ポリシー賞】
○ 特定非営利活動法人 自立支援センター ふるさとの会 殿
                 高齢路上生活者の自立支援に関する一連の活動
○ 宮城県鳴子町観光協会 殿
                 鳴子町温泉療養プラン
○ 熊本県小国町・(財)学びやの里 殿
                 悠木の里づくりと九州ツーリズム大学
[PR]
by kogurearts | 2005-02-25 23:51 | 研究活動

冠マ研#3のためのレジメづくり(途中経過)

冠婚葬祭はじめ限界芸術分野に着目したアーツマネジメント研究会(「冠マ研」)
2004’ 冠マ研#3 2005/02/21 13:00~14:30 報告者:小暮宣雄

斎場とホール、地域とフューネラルビジネスの行方
-葬儀の場からアーツマネジメントの生活領域への応用手法を考える-


(1) 『SOGI』通信Q&A(別添資料参照)
なかなか、葬儀の作法、具体的な葬儀社の選び方などのノウハウや情報が親族や地域内で得られなくなったこと、また、多様な葬式観が併存しているために(過渡期ということもあり)、以下のような質問が生じている。

1-1. 祭壇は必要なの? 定食セットからアラカルト選択ビュッヘへ
1-2. 献体はどうするの? お葬式をしないですませたい人の増加
1-3. 焼香の際の挨拶はいつ? 遺族のことを考えて 焼香の回数や作法も気になりますね
1-4. 「葬式無用」という遺言だが・・・死者のための葬式であるとともに残された者のための葬式でもあることからくる戸惑い
1-5. 葬儀と告別式の違いは? 葬儀(式)は、死者をあの世へおくるための儀式(ほとんどが宗教儀礼) 告別式は、参列(会葬)する人たちが焼香や献花をもって死者に対してお別れをする儀式→アーツマネジメントの主要な出番
1-6. 自宅の庭に散骨していい? 「自然葬」の台頭→墓地、墓石ビジネスの行方
1-7. いい葬儀社の選び方は? 相談に乗る所、相手がこちらの話をよく聴いてくれるかどうか 明細が分かる見積書を取ろう
1-8. 密葬後の町内会連絡文は? 町内会が関係してきた葬儀以外の葬儀に、既存近隣団体はどう対応するのか
 
(2) 斎場葬のあり方を考える~『SOGI』84号(NOVENBER 2004 VOL.14 NO.6)より
2-1 碑文谷創『斎場の変化・葬儀の変化』
2-1-1 斎場多数派時代の市場予測
葬儀の場所は、1993年では、自宅が52.8% 斎場が17.8%
ところが、    2003年では、自宅が19.4% 斎場が56.1%
碑文谷の予測 2010年では、自宅が10.0% 斎場が71.0%
九州:03年ですでに、斎場利用率が79.7%

(参考)全国葬祭会館データ分析(『フューネラルビジネス』2004.6 No.91)
1993年の斎場数は1216施設、2003年は3659施設
都道府県別(福岡県304、神奈川県207、愛知県196、東京都192、千葉県159、埼玉県153、大阪府151・・・・兵庫県119・・京都府44・・滋賀県24、奈良県23・・・沖縄県11)
大手葬祭企業別(ベルコ97、武蔵野グループ62、愛知冠婚葬祭互助会44、メモリードグループ42、セレマ40、愛グループ39、サンレー33、ライフランド29、アークベル27、セルモ27・・・)

2-1-2 ホールからホームへ
儀式を行う式場、会葬者の待機するロビー、遺族の控え室、僧侶ら宗教者の控え室、法事用の会食室(料理を準備するパントリー、バックヤードの倉庫)、遺体の安置設備(保冷施設)
遺族控え室が「遺族用の独立した生活空間」へ

2-1-3 遺族に優しい空間
会葬者の減少:80~100人規模がメインに 小規模式場(30人程度の家族葬対応)
祭壇常設タイプが依然多い→フリースペース化するのではないか
バリアフリー化、身障者用トイレなども常識になってきている

2-1-4 地域の変化
斎場で行われることにより、地域社会の係わりは減少→受付の手伝いぐらい
地域ごとの習慣がなくなる→地域色がなくなり、無味乾燥な標準化

2-1-5 葬儀の変化
演出の多様化と豪華化 造花の細密化 
通夜が夜間告別式になってくる
「通夜、葬儀・告別式という儀式だけの場としてではなく、遺族のグリーフプロセスを大切にする時間と空間を提供するものとして、斎場が機能することを期待したい」p28
[PR]
by kogurearts | 2005-02-09 16:18 | 研究活動

「冠マ研」のレジメ

参加者は15時からの研究会(演劇ビジネス研究会)のメンバーの一部だけで、寂しかったですが、以下のレジメで話しました。2/21(月)もします。参加者が少ないこともあって、昼食付きにしようかなあと思っています。昼食弁当がつくなら行こうかなあと思う人がいたら連絡ください。要求してみます。

冠婚葬祭はじめ限界芸術分野に着目したアーツマネジメント研究会(「冠マ研」)
2004’ 冠マ研#2 2005/01/31 13:00~14:30 9301room
限界芸術としての冠婚葬祭~その理論的意味と実践的意義~   報告者:小暮宣雄

アーツマネジメント/限界芸術/冠婚葬祭~範囲(定義、相互の関係付け、整理)を探る
(1) アーツマネジメント
1-1. 文化政策とアーツマネジメント
文化:アーツ、スポーツ、ホビー、科学技術、思想、宗教、言語、衣食住、習俗・・・
政策:制度づくり(法令整備、組織化etc.)、(国土、都市、地区)計画、(産業、地域、観光)振興、(施設、組織、企業、アーツ)マネジメント、文化(活動、事業)評価
1-2. 芸術政策とアーツマネジメント
政策(おもにマクロ)とマネジメント(ミクロ中心、そのために制度などへと遡及する)
1-3. アーツマネジメントの実践と研究との関係
企業経営、NPO運営、文化施設管理
1-4. アーツマネジメントの3つの形態(さらに、それぞれに営利、非営利民間、政府関係の区別あり):A)芸術団体 B)サービス機関  C)芸術施設(施設運営のための芸術財団でもサービス機関を志向する所が出てきている)

(2) 限界芸術
2-1 鶴見俊輔 限界芸術論(ちくま学芸文庫)p14
《今日の用語法で「芸術」とよばれている作品を、「純粋芸術」(Pure Art)とよびかえることし、この純粋芸術にくらべると俗悪なもの、非芸術的なもの、ニセモノ芸術と考えられている作品を「大衆芸術」(Popular Art)と呼ぶこととし、両者よりもさらに広大な領域で芸術と生活との境界線にある作品を「限界芸術(Marginal Art)と呼ぶことにして見よう。」

2-2 加藤種男 社会的公的投資論から見た限界芸術と先駆的芸術との関係 企業メセナ論として、どこに重点的に投資すべきか→公共文化政策としてのあり方論

2-3 小暮宣雄 大衆芸術→市場芸術。そこに、応用芸術(芸術療法)を加え、コマーシャルデザインなどは、応用芸術のなかの市場的なものとし、応用芸術のなかの限界芸術的な無名の職人芸のようなものも、そちらでカバーする。チンドン屋、紙芝居屋などの検討(コミュニティアーツビジネスの可能性)のなかにおいて。いま、冠婚葬祭は伝統的な村社会においてはすべて限界芸術であったとしても、すでにかなりの部分、応用芸術(ほとんどは市場的なもの)になっていると考えられる。

(3) 冠婚葬祭
3-1 限界芸術の視点
3-2 応用芸術とコミュニティビジネスとの関連
3-3 宗教、習俗との関係
3-4 考現学、サブカルチャー論 などなど

[PR]
by kogurearts | 2005-01-31 18:11 | 研究活動

『神さまがくれた漢字たち』を読んで

『神さまがくれた漢字たち』白川静監修、山本史也著、理論社(「よりみちパン!セ」シリーズ、2004.11)。

c0009815_1140485.jpg3300年前、中国の殷王朝全盛期に出来たという漢字の字源を知ること。これは、いま、ぼくは授業でも自分で調べて考えるときにも、とても大切だと思っています。この本は中学生向けということですが、少し漢字が多くて大変jかも知れません。大学生や社会人になって初めて納得できる部分(『死』についてはとくに)が多いと思います。

漢字の意味における俗説って結構ねたに使いますが、この本を読むとそういう俗説はディズニーになったグリム童話みたいなもので、そこに含まれる古代の王権と神との関係、人間の深い悩みや欲望の姿を表面的に綺麗ごとにしていることが、よく分かります。

c0009815_11403685.jpgたとえば「人」という感じは、服従した人の形(甲骨文字でも金文でも。ときには生贄にされる異族の捕虜)、高貴な人は「立」や「大」になります。

「民」は「大きい矢か針で眼を突き刺す形」、「臣」は目が一つにされている、「童」は目に入れ墨がほどこさえた形・・・
c0009815_1141051.jpg「取」は、耳を手で取る形:戦場で敵の首を討ち取った証拠として耳を手に持って示す。
「道」は、捕虜にした異族の首を討ち取って、それを手にとって道を開く。
「文」の入れ墨のこと(胸に記された文身、模様)も触れられていて、こちらで調べていたことと符合します。

また、「口」が入っている漢字のほとんどが、マウスの口ではなく、器(箱)であったことが、白川静の研究の一端を示すこの本の重要な論点です。「右」と「左」、「告」「名」「尋」「言」「音」・・・

c0009815_11445394.jpg「第四章 生と死の物語」より以下一部引用 
p99~100
《人は免れようもなく、この運命的な孤独に身をゆだねなければならぬときを迎えます。それが「死」というものでしょう。
 「死」それ自体は、形で示されることがないため、「死」の字は、死者の姿ではなく、代わって、生きている者の死者への対応のありかたを示す字となります。
 「死」の左部に記されるのは、「歹(がつへん)」、残骨を象ります。その右部には、膝をつき、死者を弔う人の形が配されます。それを草原のなかで行うのが「葬」です。
 なお、身体をとどめる死者の形を写す字は「亡」であり、また「久」です。「亡」は足を曲げた死者、「久」はうしろより木で支えられている死者をそれぞれ象る字です。この「久」を棺にいれ、野辺に送ることを示す字が、「柩」、すなわち「ひつぎ」にほかなりません。》

c0009815_11451235.jpg p114~115
《 「死」をめぐる漢字をさらに連ねてゆきます。たとえば「化」。その「化」のうちの「ヒ」は、死者の仰向きになる形。人の変化の果ての姿です。それに支えを添えたものが、「久」。人はその「死」をもって永久に普遍のものとなるのです。「展」は、死者の「衣」に、「工』型の呪具をいくつもつめた形。そこに邪霊の憑りつくのを祓い襟もとを「展」いて、その穢れを外に放つのでしょう。》
[PR]
by kogurearts | 2005-01-23 11:18 | 研究活動

本屋で買った雑誌、古本屋から届いた本など

c0009815_2240827.jpgこれらをアップしたのは、今日届いていた『限界芸術論』(初版1967年第1刷、1968年第2刷)を写したかったため。文庫本(99年発行、写真の右側)と違うところは「芸術の発展」で初版は表が横書きになっているところだけだが、そのあとの大衆芸術論関連での所収論文がいくつか違っている。初版は定価750円だった。買ったのはその3倍ぐらいの値段。でも、とてもぼくには嬉しいもの。
c0009815_22403028.jpg『いれずみ(文身)の人類学』の著者、吉岡郁夫さんは医学が専門。なるほど身体装飾と関係するわけか。
c0009815_22404690.jpg2回生の実質的ゼミ(クラス)の後期に『スローライフな未来が見える』(真柴隆弘、河出書房新社、2004.2)を使う。概略的なサーベイなので、授業で深めたり、学生たちに具体的なことを調べてもらうのに適している本。

その関連で、気がついたときにスローライフに関連する雑誌などを手に入れるようにしなくちゃと思い、いつもの『クウネル』だけでなくあと2冊買っておく。
c0009815_2241491.jpg
[PR]
by kogurearts | 2005-01-07 22:40 | 研究活動