アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お奨め( 191 )

塩谷陽子さんの文章

http://globe.asahi.com/meetsjapan/090420/01_01.html[第8回] ハラキリとMangaのはざまで

〈文化輸出〉に必要なもの
塩谷陽子 Yoko Shioya ジャパン・ソサエティー芸術監督
・・・・・
ある文化的素材がポピュラーになることと、それが《正しく》認知されることとは無関係……というより、むしろ昨今では、知られ方が広がるほど「正しさ」からは遠のいてしまうようですらある。何にせよ「いまだ」で形容されるハラキリやフジヤマ・ゲイシャの古い日本文化と、近年盛んに輸出されてパワーをふるい始めた新しい日本文化との間には、浸透の仕方に差異がある。
その差異は、伝わるルートの違いでもある。ハラキリやフジヤマ・ゲイシャを欧米に伝えたのは、当時日本を見た欧米人その人たちだった。一方、近年日本が好んで「ソフトパワー」と呼ぶたぐいの文化・物産を海外に届けたのは、市場という仕掛けである。
『マッハ…』をはじめアニメなどのソフトが広がったのは、国の文化外交の賜物(たま・もの)なぞではなく、市場先導で起こったものだ。市場は「正しさ」には無責任だが、パワーをふるう。そこに国が「ソフトパワー、文化の輸出」という言葉を冠して《便乗》しただけだ。

[PR]
by kogurearts | 2009-04-25 12:31 | お奨め

4/26 大住シンフォニックバンド  八幡市文化センター大ホール

うちのゼミ生がメンバーです。彼女のmixiによるPRより転写。
わたしの地元のホールです。ぜひ。でも、わたしはフランスパンの公演が先約でした。でも、ぜひ
大住シンフォニックバンド 創団20周年記念 第16回定期演奏会
日時 2009年4月26日(日)
開演14:00   開場13:30
場所 八幡市文化センター大ホール

チケット 前売:500円  当日:700円 中学生以下無料

指揮 尾崎雅規  客演 次田心平/Tuba(ジャズコンチェルトをやります!!)

曲目
★創団20周年記念委嘱作品
 語りと吹奏楽による 音楽ものがたり「一休さん」
 作曲/櫛田てつ之助
危険・警告これ初演です!!つまり世に出るのがはじめてです!!見逃さないでくださいぴかぴか(新しい)
★仮面舞踏会
★風の精 酒井格:作曲

初演作品あり!
ジャズあり!
クラシックあり!
と、盛りだくさんの演奏会です!
お誘いあわせの上ご来場いただけるとうれしいです!
たくさんの方のご来場心よりお待ちしています!!

[PR]
by kogurearts | 2009-04-09 07:47 | お奨め

4/11(土)かえっこバザール見学会

かえっこバザール見学会
by こぐれゼミ(ゼミ生以外、妹弟なども含めて一緒に参加オーケー)

4/11(土) 9:50までに近鉄・上鳥羽口駅集合。無料。
おもちゃを持ってくると楽しい。解散は適宜。


以下、2回生、3回生ゼミ生へあてたメール

去年は3月でしたが、今年は4月。でも、4月11日(土)、春のJAF京都さんのかえっこバザールへみんなでいくことにします(授業ではないので、来れない人は無理しなくていいので、連絡だけくださいね)。
場所は去年とちょっとだけ違っていて、近鉄・上鳥羽口駅から7分ということです。地図→http://www.jaf.or.jp/profile/general/office/map/5-2.htm
10時からですので、9時50分までに、近鉄・上鳥羽口駅集合でお願いします。もし、遅れる学生さんは、地図もあり、分かりやすそうなので、自力でお越しください。13時からもあるので、午後の参加もオーケーです。

せっかく行くので、おもちゃのかえっこをしましょう(仕組みが分かります)。できれば、いらなくなった(でもまだ使える)ぬいぐるみや昔のおもちゃ、絵本などを持ってきてください(ゲームなどは不可のようです)。かえっこカードを持っている3回生はカードも持ってきてね。
[PR]
by kogurearts | 2009-03-27 11:40 | お奨め

お囃子隊に応募しよう

山科青少年活動センターで、地域のお祭り囃子をならって、活躍できます。
いま、メンバー募集中!
http://www.jade.dti.ne.jp/~yamasei/ohayasi/ohayasi.html
動日時:毎週土曜日 18時30分~20時30分(練習日)
 活動場所:京都市山科青少年活動センター
 対   象:京都市内に在住在勤在学の中学生から30歳の方。
 講   師: 進藤 秀保氏(大石神社宮司)他 大石神社ともえ会のみなさま
 TEL 075-593-4911 / FAX 075-593-4916
       e-mail yamasei@jade.dti.ne.jp

やませいでは、それ以外にも募集がありますが、とりわけ、大石神社のお囃子や獅子舞をする若者がほしいそうです。わたしも、お奨め。学生のときが大チャンスだと思います。
地域ボランティアの実績にもなり、せこいですが、
レポートに生かせ、就活にも生かせます・・・・
[PR]
by kogurearts | 2009-03-10 17:02 | お奨め

京都橘大学研究紀要第35号が出ています

京都橘大学研究紀要第35号が出ています。
学生のみなさんには学術振興課にいえばもらえるはずです。

いま、二つの論稿を読みました。じつに勉強になったし、それ自身、読み物として面白かったです。

まず、河野良平先生の《前川國男の「京都会館」における設計手法について》
1960年竣工の京都会館。翌年の東京文化会館の方がお世話になった回数が多いですが、数年前までは、卒業式がここで行われていました。とりわけ、中庭がいいですよね。
河野氏の論稿で面白かったのは、計画案(そのまえにコンペ案あり)から実施案にかけて、音楽ホールから多目的ホールにすることや800席を1300席にすることなどの変化とともに、形状の成熟プロセスが見られるという指摘です。
p159
《・・・4章でみた「京都会館」第1案の模型写真は前川の言うところの「やせた」建築だったと思われる。それが、第2案から実施案に至る過程で肉がつきフィクションを纏って「建築」へと昇華した。人を招き入れようとする大きく湾曲した庇や大きくなったピロティによって「京都会館」は人々に受け入れられ、親しみやすい施設になったことはまず間違いない。》

建築になるために必要となる「フィクション」。当時、前川さんはタイルを貼ることでそれを表現しようとしたと河野氏は言う。建築の肉となりうるフィクションは、物語りに通じるように思える。前川さんの言葉にも、骨董家が壺を集めるのは、「お前の大事にしているものをお前に代わっておれが預かってやろうというような意味(小林秀雄が言っていると前川)」があるのだけれど、そういう意味をフィクショナルに付け加える壺という存在そのものが物語性を持ちうるものなのだ、となんとなく感じるのですね。

もうひとつ、同じく同じ学科の西山紀子先生の《戸の開閉行動と取っ手のデザインとの関連性について》。あまりに身近な戸、扉。うちの大学の図書館や清和館、清優館、清香館の出入口とそれについての学生の発語が研究調査につかわれていて、面白いし、そのベースにアフォーダンス理論があるという部分に、なんだか、私とつながっていて興味ぶかい。「戸に与えられているメッセージ性」とアフォーダンスとの関係、そして、インテリアのフィクションあるいは物語りということと何らかの関係があるのではないか・・・また、西山先生とアフォーダンスについて、そして、河野先生も交えて、建築インテリアにおけるフィクション性をめぐって、あれこれ、お話ししようと思う。
[PR]
by kogurearts | 2009-03-08 14:39 | お奨め

ぜひ、時間と余裕と興味のあるかたは、ご参加を!

とくに、25日のほうは、成績づけをしていないときなので、
私の授業で単位が心配な人、ぜひ、参加して、私にメモでいいので感想を!
ぐっと、いい印象になると思います。

文化ボランティアコーディネーター養成講座@さきら です。
<第1回 文化ボランティアコーディネーター養成講座>
日時/平成21年1月25日(日) 16:00~18:30
場所/栗東芸術文化会館さきら 研修室(定員30名)

講座/ワークショップ♪みんなで話そゔ文化ボランティアコーディネーター″ってなにするん?

講師 五島智子(Dance&People代表)・根木山恒平(りっとーあーとをつくろう隊)
*視覚障がい者と共にダンスをつくるワークショップ等、身体性を超えた活動を実践している五島さんを迎え,参加者からの意見や疑問等を意見交換、共有しながら一緒に学び、コーディネーターとしての活動のヒントを探ります。動きやすいリラックスウエアで参加してください。


<第2回 文化ボランティアコーディネーター養成講座>
日時/平成21年1月30日(金) 18:30~21:00
場所/栗東芸術文化会館さきら 研修室(定員50名)
①講座/「地域における文化ホールとボランティアの係わり」 18:30~19:30
・講師:桜井俊幸(新潟県:小出郷文化会館館長)

②公開討論/「求められる文化ボランティアのあり方とコーディネーターの役割について」19:45~21:00
・パネラー:小暮宣雄(京都橘大学教授)・桜井俊幸・吉田元(新潟県:小出郷文化会館事業担当)
・進行:西川賢司(さきら事業担当部長)

<参加料> 無 料

お申し込み方法:FAX又は、E-mail にて、住所・氏名・電話番号・E-mail アドレス・参加希望理由(あれば)を明記の上、下記へお申込ください。※いただいた個人情報はさきらの事業案内にのみ使用します。

主催・お問合せ/栗東芸術文化会館さきら(文化庁委託事業)077-551-1455  事務局:松崎正明
〒520-3031 滋賀県栗東市綣二丁目1番28号   E-mail/info@sakira-ritto.net

[PR]
by kogurearts | 2009-01-09 06:12 | お奨め

8月末のこぐれの予定

8/30(土) 13:30~  京都市東山青少年活動センター『僕の東京日記』ビギナーズの公演の初回。うちの2回生ゼミのHちゃんが出るので、ゼミ生たちはもとより、若い人、ぜひ、見てくださいね。

8/30(土) 19:00~ 京都府立文化芸術会館『三人姉妹』ファック・ジャパンさんはじめ、豪華メンバーの濃いお芝居になりそうだ。http://mp08.seesaa.net/

8/31(日) 13:00~16:00。ここは、めくるめく紙芝居ワークショップ(山科青少年活動センタースポーツ室など)なので、近江八幡でのかっぱの一人芝居とか、あれこれ、不義理してしまいます。2回生はじめ、京都橘大学生とか、どんなかたちでワークショップを障碍者と一緒に遊んでいるか、見に来てくださいね。そうそう、去年落ちた助成金が一つ獲得できたそうです・・・アーツマネージャーは不死鳥のように、甦るんですね。

8/31(日) 19:05~19:35頃 大阪ルイードで、小暮はなのライブ(5組でるなかの2番目、18:30からライブは始まっている)。6曲歌うと、この前彼女の部屋にそのラインアップが書いてあって、一曲ははじめて見る題名だった。
[PR]
by kogurearts | 2008-08-08 08:09 | お奨め

目の見えない人たちと美術鑑賞できるチャンスです

一人でふらりとこの前行って来たところですが、一人もいいけれど、こういう鑑賞ツアーは、アウトリーチとは何かとか、いろいろ学習できますので、すごくお奨めです。假奈代さんのサイトからまた転載します。
ミュージアムアクセスビュー 第19回 美術鑑賞ツアー
   〜「河井寛次郎記念館」を鑑賞しよう!〜

 今回は大正から昭和にかけて京都を拠点として活動した陶芸家 河井寛次郎がかつてそこで生活を営み、数々の芸術作品を生み出した旧宅、「河井寛次郎記念館」を訪れます。
 彼は無名の職人たちが作り出す実用品のなかにこそ、人間生活にとって欠かせない簡素で健康的な美があることを見出し、柳宗悦や濱田庄司らとともに「民藝運動」を推進したことでも知られる芸術家です。

 多くの車の行き交う大通りをほんの少しはいったところに建つ記念館は、外から見るとひっそりとしたたたずまいの普通の町家。でも一歩中へ入ると、日本各地の民家を参考に、寛次郎自らが設計した建物は木の温かみに溢れ、日々の生活に素を尊んだ彼の静かな精神を感じさせます。また住居部分を通って奥に進んで行くと、思いがけないものとの出会いが待っています。
 記念館には陶芸作品のほか木彫、書、彼自身の製作や意匠による家具や調度品、蒐集品などがさりげなく配置され、まるでいつまでも時間が止まったままの不思議な空間に迷い込んだような気持ちになることでしょう。
 それらの作品の中には触れるものもありますし、寛次郎デザインの椅子に座ったり家具に触れることもできますので、触覚による鑑賞もお楽しみ下さい。

 小さなグループに分かれて自由に鑑賞した後は、近くのカフェを貸切り、手作りケーキとお茶でくつろぎながら語り合い、余韻に浸りたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

++++++++++++++

■日時: 2008年7月6日(日) 2時受付(終了時刻 5時頃予定)

■集合場所・時間: 1. 「河井寛次郎記念館」前  2時
 2. 京阪五条駅改札前(改札はひとつです)1時40分
*その他、別の場所での待合わせ希望の方は、申込み時に個別にご相談ください。

■参加費用: 1000円(入場料、運営費含む)

■鑑賞後の茶話会参加費用: 650円 (ギャラリーカフェふじひら 手作り
ケーキセット)

■募集人数: 見えない人・見えにくい人:10名  見える人:20名 

■当日スケジュール

  2:00〜2:15 受付
  2:15〜2:30 グループ分けなど
  2:30〜3:50 鑑賞
  3:50〜5:00 ギャラリーカフェ ふじひらに移動後、茶話会

■「河井寛次郎記念館」
   〒605−0875 京都市東山区五条坂鐘鋳町569
   電話・ファックス: 075−561−3585
   交通: 京阪電車 「五条」駅より五条坂を東へ徒歩10分 「六兵衛窯」角
から南に50m市バス 「馬町」下車徒歩1分 
(JR京都駅より206番系統、四条河原町より207番系統)

■申し込み. / 問い合わせ
  ・ミュージアム・アクセス・ビュー(阿部)まで
    携帯電話 080-5352-7005
    (留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)
  ・メールアドレス 
    museum_access_view●yahoo.co.jp
   ( 受付後、折り返し確認メールを送ります)
※お名前、連絡先、障害の有無、同伴者の有無をお知らせ下さい。
※定員になり次第締め切りますのでお申込みはお早めにどうぞ。

[PR]
by kogurearts | 2008-06-10 11:43 | お奨め

とくに、1回生に参加して欲しいのですが・・・

かえっこバザール展示@山科青少年活動センター 写真
[PR]
by kogurearts | 2008-05-06 19:43 | お奨め

さきらのボランティアコミュニティ

栗東のさきら、まちつかい、コミュニティアーツ、とっても、学習になるし、楽しいところです。
そのボランティアコミュニティのお世話ががりのねぎやまサンから、おさそいのメールがありましたので、ここに転載します。滋賀県の学生さんなど考えてね(とくにいま私がゼミをやっていない3回生のみなさんへ)
(仮称)さボラミかふぇ皐月・・・5月10日(土)
14:00-16:00@さきら会議室(館長室)

みなさん
こんにちは。ねぎやまです。

ちょっと前に「集まろうか?」というアイデアがでていました。
僕も、バタバタして返事できてなかったので、今頃ですが...。

せっかくなので、やってみませんか?
お茶とケーキでもつつきながら、ゆるゆるとやりましょう♪
名前もなんかほしいですね。自主ミーティングではなんかねぇ。
私案→『(仮称)さボラミかふぇ』...orz。だれか良いの考えて!

場所ですが、さきら・山本さんに相談したら会議室(元館長室)
をつかったらということでしたので、お借りしようと思います。

 (仮称)さボラミかふぇ皐月 →名前募集~♪
 2008年5月10日(土)14:00-16:00
 さきら・会議室(元館長室)

→「ケーキ&ティ」なんかつつきたいなと思います。実費で。
 アプリで注文するか、それとも誰か「この店のこのケーキおす
 すめ♪」とかあれば、そんなでも良いかも。
 ☆アイデア&買い出ししてくれる人いませんか~?☆

→ねぎやままでご返事ください♪ケーキなくても良いよ、なひとは当日参加OK!
 
(以上)

根木山恒平
*********************
特定非営利活動法人五環生活
522-0063滋賀県彦根市中央町1-12
tel/fax: 0749-26-1463
mail@gokan-seikatsu.jp
http://gokan-seikatsu.jp

[PR]
by kogurearts | 2008-04-26 08:30 | お奨め