アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お奨め( 191 )

アートな情報を伝えること・受けとること・・小暮も出ます

「出張!ARC from 築港
 ~アートな情報を伝えること・受けとること~(築港ARC活動紹介とシンポジウム)」

昨年、12月に大阪市港区piaNPOにて開設した築港ARC(正式名称:アートリソースセンターby Outenin)。
「アート情報の共有と連携のデザイン」をコンセプトとしたこのスペースでは、関西で先進的な芸術社会活動を行っているグループの紹介や、アートの現場に関わりたい人のための相談コーナーを設置しています。
本企画は、築港ARCの活動をより広く多くの人に知ってもらうために、應典院内に築港ARCのライブラリーを一部出張させ相談業務に応じるとともに、スタッフがプレゼンテーションを行います。また築港ARCの活動コンセプトを軸に、アートにまつわる情報を独自の方法で発信している識者を招いたシンポジウムを開催し、今後の築港ARCの活動の手掛かりを探ります。


日時:4月14日(土) 18:00open 18:30~21:00(終了予定)
     (※16:00~18:00は気づきの広場にて、出張 芸術相談対応)
参加費:1,000円
会場:應典院本堂ホール(大阪市天王寺区下寺町1-1-27)
    tel:06-6771-7641 fax:06-6770-3147

More
[PR]
by kogurearts | 2007-04-01 00:06 | お奨め

ぜひ、多くの方の参加を!

「子どもの文化フォーラム」5/27です。ゼミで参加します。TAM研としても・・・・

More
[PR]
by kogurearts | 2007-03-31 14:09 | お奨め

4月の21日と22日 15時からは これしかないですよ

4月の21日と22日 15時からは これしかないですよ
明治安田生命社会貢献プログラム 「エイブルアート・オンステージ」参加事業
めくるめく紙芝居公演
『ハニャマのハミューダ島物語』 


「ハニャマのハミューダ島物語」は、遠い昔のお話で、現代のお話でもあります。
現在にも未来にも過去にも存在している「ハニャマのハミューダ島」。
あなたがいつか見た夢、いつも見る夢にでてくる「ハニャマのハミューダ島」。
みんな行きたいと思っている。そしてみんなきっと、行ったことがある。

急がなくてもいいんだよ、いつかかならず行けるから。
【ハニャマのハミューダ島物語】
第一話:森
第二話:海
第三話:町

●とき:2007年4月21日(土) 午後3時
●ところ:大善院(だいぜんいん) 本堂
     (住所)京都市下京区新開町397-9
     ⇒アクセス案内:地下鉄四条駅・阪急烏丸駅から、徒歩10分
●とき:2007年4月22日(日) 午後3時
●ところ:東御坊(ひがしごぼう)(山科別院長福寺)本堂
     (住所)京都市山科区竹鼻サイカシ町13-17
    ⇒アクセス案内:京阪・地下鉄・JR山科駅から徒歩10分

●料金:無料

▼出演者
大河内絢子、伊藤泰三、西森一生、長谷川峻也、古川貴光、村岡俊和、安田知史、安田良行、吉田綾、ほか、めくるめく紙芝居ワークショップ参加者(出演者は変更になる可能性があります)
▼ゲストアーティスト
林加奈(画家・音楽家)、HANA★JOSS(ジャワガムランユニット)、
山下残(振付家・演出家)、井上信太(美術家)
[PR]
by kogurearts | 2007-03-27 17:44 | お奨め

NPO法人が指定管理者になったのは、1.7%だけということ

http://www.co-existing.com/forum/forum20070327.html
シンポジウム 
「指定管理者制度とNPO~事例を通じて指定獲得へのマネジメントを考える~」

いいセミナーみたいですね。
[PR]
by kogurearts | 2007-03-15 14:42 | お奨め

お百姓さんに興味はありませんか!

~都会育ちが百姓目指して若狭へ!
      汗と涙のノンフィクション~

今回は,「百姓」の生き方に魅力を感じ,自分も「百姓」のような
でっかい心と百の技をもつ男になるのだ!という想いを胸に,
福井県の若狭町に移住して,ついには米を糧に田舎暮らしを始めた
尾崎さんをお招きして,米作りや田舎暮らしについて聴く企画です。
米作りに興味のある人もそうでない人も,田舎暮らしに興味がある
人もそうでない人も,ぜひ,ぜひ,いらっしゃいませ!!
※“こめんちゅ”=米人=米作りをしている人のこと(造語)

当日は,尾崎ファームのお米で作ったおにぎりの試食あり!
お土産にお米もプレゼントします

日 時:3月25日(日) 14:00~17:00
場 所:京都市北青少年活動センター
定 員:20人
対 象:京都市内に在住か勤務先・通学先のある中学生~30歳までの方
参加費:200円
申込み:電話・窓口にて先着順受付中
講 師:尾崎 晃一さん
 貯金18万円で就農した、自称 無茶苦茶男!
 北青少年活動センターで環境教育のボランティアをしながら,
 農業の体験学習の仕事を探していたところ,縁あって 若狭町の
 『かみなか農楽舎』を知り,2年間研修生として農業と体験学習
 について学ぶ。その中で,若狭町と農業の魅力に引き込まれ,独立。
 現在,水稲を中心に自分流の22世紀型循環型農法を確立するため,
 毎年研究を重ねながら田舎暮らしを満喫している。

☆問い合わせ・申し込み
京都市北青少年活動センター
〒603-8165 京都市北区紫野西御所田町56番地 北区総合庁舎西庁舎内
電話:075-451-6700 / FAX:075-451-6702 / E-mail:kitakita@csc.jp
URL :http://www.ys-kyoto.org/kita/
平日:10~21時,日・祝:10~18時 / 水曜日休館
[PR]
by kogurearts | 2007-03-13 17:48 | お奨め

残念!

アーツ鑑賞演習Ⅰの領域が音楽と美術で、前期ならもちろんこの展示に行けるのだが、なんと後期になっていた(Ⅱの演劇ダンスが前期だ)。惜しい。せっかく、土曜日隔週という授業形態にしたのになあ、まあ、後期にも面白い展覧会を探そう!

恵文社一乗店HPより

4.24-5.7
「 100%ORANGE作品展 春のポーズ 」
c0107001_1731401.jpg
出展者: 100%ORANGE
ジャンル: イラスト

当店では実に5年振り、関西でも久しぶりとなる、100%ORANGEの展示が催されます。イラスト作品や絵本の原画の展示、更には描き下ろし作品も登場する予定で、ギャラリーアンフェールの壁一面があのおなじみのイラストで埋めつくされます。もちろん展示品は販売も行われ、当展示だけのノベルティグッズもお目見えするかもしれません。新潮社のyonda?シリーズなど、ここ数年の充実した仕事を見ても、これからが本当に楽しみな100%ORANGEの二人。彼らの原点であるイラスト展をどうぞお楽しみに。
[PR]
by kogurearts | 2007-03-01 17:38 | お奨め

新世界アーツパーク未来計画実行委員会とアートNPOリンクより

すごく長く熱いメールがきたので、
ぜんぶ私もまだ読んでいないけれど、
とりあえずMoreにアップしておきます。
文化政策研究者、学生さん、いろいろみなさまどうぞ!

More阪・フェスティバルゲートがいよいよ熱くなるそうです
[PR]
by kogurearts | 2007-02-09 10:02 | お奨め

FジャパンさんがNHK総合に出られるそうです

うちの大学に無料で出演(宣伝告知)していただくこともしばしばの、
あのファック・ジャパンさんがNHKのドラマに出演されるそうです。
フルベースを公演する劇団衛星のサイトをみると、おおって。録画しなくちゃ・・・

Fジャパンがドラマに出演します。
NHK土曜ドラマ「スロースタート」
オンエアーは2007年1月27日と2月3日です。
http://www.new-start-jp.org/Event_slowstart.php3

[PR]
by kogurearts | 2007-01-27 09:20 | お奨め

滋賀会館も地味ですが、確かにいま行っておかなくちゃ、かも

木下先生からのご案内メールがとどきました。
「おうみアート体験プログラム」の詳細 はmoreでご覧ください。

mixiでも観られます:
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14441498&comm_id=115156

More  「おうみアート体験プログラム」の詳細 
[PR]
by kogurearts | 2007-01-21 19:17 | お奨め

ココルーム事務局からのメール ことばち対話サロン「こんにちわ委員会」など

「2007年1月16日 ココルーム事務局からのメール」からお勧めを!
このブログのほうはいつも情報提供(コピーペースト)になっています。
日々の小暮のため息は、http://kogure.exblog.jp/でどうぞ。
個人的には「葬儀サポートセンター」に反応しました!
=====
専門と非専門を横断する「こんにちは委員会」最終ラウンド!
◇1月19日(金) 19:00 300円
ことばち対話サロン「こんにちわ委員会」
19:00 300円
ゲスト:オニ(ミュージシャン/あふりらんぽ)/泉谷洋平(地理学者)/岩貞光祐(葬儀サポー
トセンター)/島津聖(経営パラリンピック/矢野紙器)

【就労支援カフェBANDココルーム】がお贈りするふたつのビッグイベント!
日々を生きること、表現すること、働くこと、大きな樹の幹のように、しっかりとおおらかに

◆生きる仕事シリーズ「この世の仕事 5時間リレートークマラソン」
日時:1月27日(土) 16:00 終了予定20:20
参加費:無料 
内容:15分×20人(職種!)に挑戦!
ゲスト:ラジオディレクター、弁護士、サラリーマン、非正規雇用労働者、NPOスタッフ、新聞記者、テレビのディレクター、グラフィックデザイナー、ヘルパー、ウエブデザイナー、団体職員、パタンナー など*変更する場合もあります

ファシリテーター:河野尊(労働教育ファシリテーター)、上田假奈代(闘う詩人/cocoroom代表)、イダヒロユキ(社会学者)
日本には3万職種の仕事があるそうです。いろんな職業の方をゲストに招き、リレー形式でガンガン話をしていきましょう。あなたの仕事についてもぜひ話にきてください。なにをしたいのかよくわからない、という方も、まずは席について。

======
◆フォーラム「就労支援とアートの伸びやかな関係」
日時:2月19日(月) 19:00~
参加費:無料
○第一部 事例報告
・支えとしてのアート~青少年支援NPO淡路プラッツの取り組み
宮武小鈴(淡路プラッツ・アーティスト)、
・ゆるやかな場づくり~アートNPOココルームの取り組み
桜井共生・横山千秋(ココルーム・就労支援ワークショップ担当)
・引きこもりからゆっくり飛び出るきっかけ~元ニートの語り
鈴木友宏(元ニート、写真が好きな青年)
○第二部 ディスカッション 
「エンパワメントするアートの可能性~専門と非専門のむすび方を考える」
パネリスト:玄田有史(予定)、田中俊英(淡路プラッツ)
ファシリテーター:上田假奈代

ココルームの就労支援・社会参加プログラムは、自己肯定の気持を育むこと、他者の気持を想像すること、自己表現の楽しさを体験するなど、コミュニケーションに着目したアートの手法を用いている。
このかたちがすぐに就労に結びつくとは言いがたいが、このプログラムを通してエンパワメントしていく当事者たちの姿に可能性を感じるのは確かなことだ。就労支援とアートの関わりをさぐり、自分を引き受ける生き方を考える。

【就労支援カフェBANDココルーム】:
*本事業は大阪市がNPO法人こえとことばとこころの部屋に委託して実施しています。

[PR]
by kogurearts | 2007-01-17 18:46 | お奨め