アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

却下と棄却

http://www.tokyo-np.co.jp/nie/kotoba/kotoba_031112.html

裁判用語なのですが、この前のトヨタのダンス審査会で、チェルフィッチュのステージが「振付」でないという発言があったとかなかったとか、そういう話があり、もし、振付でないと門前払いしたのならば、却下(訴えの原告不適格)、審査をして退けるのならば、棄却ですね、という話をコメントしました。http://chelfitsch.exblog.jp/2255604/

あっているはずだとは思いましたが(30年前の民事訴訟法の講義~途中で投げ出したので、行政法における行政訴訟法理の知識という方が無難ですが~ですから)、一応サイトで調べたのが、上のとおり。ほっとしました。結局ぼくの場合、昔習ったことが参照軸になります。つまり、法学のぼんやりとした知識(もし実定法でもう一度勉強するならば、刑事訴訟法だと思います。刑法とともにもっともリベラルな先生に習ったのでその印象が強烈)。

実定法(これは、司法試験など現役では通らないとはなから思っていたので公務員試験で通る程度の一夜漬け勉強)よりは、マートンの中範囲理論とかいうのが中心だった法社会学(2年生に都立大学の先生に教えてもらった)が好きでした。それで、4年生のときは、2つほど文学部の社会学科の単位をとりました。そこで、ゴッフマンとか参与的観察とか習いました。バーガーやシュッツの現象学的社会学は、現象学ファンのぼくにはすとんと落ちるので、タルコット・パーソンズは、常に悪者だという調子でレポートを書いた覚えがあります。

こわいものですねえ、学校とか大学での思考軸の植え付けは。哲学というと、中学1年生から読み出した、岩波文庫を思い出すし(ベルグソン「哲学入門」からはじまって、プラトン、パスカル、カント~あの3批判を一応読破だけはしました~やヘーゲル、ニーチェ、フォイエルバッハ、キルケゴール、マルクス、エンゲルスなどなどをわからないなりにだいたい読みました)、実存主義や現象学だと、高校時代のサルトル(小説の方が多かったかも)やメルロ=ポンティ(いまだにあこがれて時々読みます)になってしまいます(フッサールは途中で投げ出しました)。

レヴィ・ストロース(いまだにスミレの表紙の「野生の思考」を図書館で読んでいて気がつくと電気が消されてしまったことを思い出す)とロラン・バルト中心の構造主義(ポスト構造主義としては、デリダとドゥルーズぐらい、それも4年生になって八王子の大学セミナーにて輪読)は大学時代ですが、ソシュールとか中学から毎月とってもらっていた『ユリイカ』がお友達でした。そこからまったくシンポなしということでもあります。

あと、3年生で一番熱心にノートをとり、みんなに貸し出しまでした岡義達先生の『政治学』、岩波新書(1971年発行、いま絶版)の「政治」が教科書でしたが、まったく使わず。彼が書きかけの原稿用紙をただ棒読みするという授業。ぼくはひたすら速記したのでした。そして、それがみんなに回り、嬉しかったのは、ぼくをはじめぼくのノート使用者は「優」だったことでした。

でだしは、確か、政治における「見ること」と「見られること」。実技空間と演技空間。強制的観衆(キャプティブオーディエンス)としての政治劇・・こんな感じだったと思いますが、ずいぶん、覚えていることは、演劇や劇場との対比が多かった(ぼくが興味を持っていたからでしょうが)ということです。

また、思い出していつも残念に感じるのは、2年生の京極純一先生の「政治過程論」。(2年生では個人的に好きだった法社会学は別として)篠原一先生の「ヨーロッパ政治史」とともにワクワクする授業(たいていの文1の学生においてもそうだったと思います)だったのですが、試験当日高熱となり(珍しく勉強のしすぎ)、単位をもらっていません。

でも、いまだに政治社会的な意味における「顕教と密教」、強気と勝気の違い、「勝気」(勝てば官軍)の日本には、「喪われた大義~ロストコーズ」がない(判官びいきになてつぃまう)、「回想の軸心」としての同窓会、ふるさと幻想、同期入社・・・・というような問題群などを、思い出しては、思考の軸にしています。
[PR]
by kogurearts | 2005-07-16 08:18 | 雑記

風の響き 無事3回目掲載になりました 毎日新聞夕刊7.15

c0009815_1121204.jpg

c0009815_11213458.jpg

c0009815_11214546.jpg

[PR]
by kogurearts | 2005-07-15 23:21 | 文化政策のプレザンス

今日の授業 朝 親切心が沸き起こり、レジメ つくった

アーツの公共性(芸術と公共なるものをめぐって)

(1)芸術の公共投資、その根拠づけ理論~市場(マーケット)に任せられない理由~
【「なぜ」の視点】
① 遺産 将来の世代に残す
② 威信 誇り 地域アイデンティティ
③ 波及 地域経済への波及効果 生活の質の向上 教養づくり オプション価値
④ イノベーション 社会・経済への革新的効果 創造都市論 新サービス産業のヒント
⑤ 社会批判 市民形成の基点 社会のあり方変革

【「どのように」の視点~アクセス権】
⑥ 地域差の解消
⑦ 障碍の克服
⑧ 所得差の解消
⑨ 体験差(とりわけ子ども)の解消(機会の平等化)
⑩ マイノリティの文化権保障

【「なにを」の視点~加藤種男の芸術の社会的公的投資論】
市場芸術=市場が成立するアーツ→公的・メセナ的投資は不用
なぜなら、もしメセナすると、市場の混乱が起きるから
伝統芸術:部分的に市場が成立しない→部分的な投資(文化的ニーズに対応するもののみ)
先端芸術:市場が成立しない→重点的かつ継続的な投資

先端芸術をめぐって
○ だれも未だ望んでいないものを創りだすこと
○ 「ありうべからざること」自体の面白さに惹かれること
○ 「よくわからない、理解できない」から意味があるということ
○ わかるものはほっておいてもいい→ほっておくとなくなってしまうものを大切に
○ 企業も新しい感覚の先取りをする必要(人びとの感性の変化に鋭敏になる必要あり)

限界芸術をめぐって
○ ほっておくとなくなるもの 市場になじまないもの
○ でも、公的メセナ的投資にもなじまないもの
○ 先端芸術との連携による投資が有効→先端芸術と限界芸術の出会いの場づくりが、加藤種男のメセナ実践となってきた
1) 芸術との直接の交通
2) 芸術家との直接のコミュニケーションの場づくり

(2)アーツ政策のレゾンデートル:「自分の人生と、自分たちの住む社会は、自分たちで決めて、自分たちで作る。」
アーツマネジメント(アーツ政策をはじめとする文化政策)が、市民社会に貢献する意義
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自立する「市民」の確立⇔公共圏の形成⇔親密圏の多元化(復権)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
19世紀以降:親密圏の空洞化(肥大化)→群集的公共圏:メディア的操作とイベント的演出の公共圏
市民的公共圏の原則(①公開性 ②対等性 ③事柄の問題化)→この復権(アーツによる共和制)

アーツ・リパブリック(再公共圏)⇔コモン・アーツ(マイノリティ・スロー・リバティ・リアル)⇔多元的親密圏
[PR]
by kogurearts | 2005-07-14 08:04 | 教育の模索

キッチュと悪趣味とガラクタと雑貨?

キッチュという言葉がたまたまある席で出たので、雑貨と直接関係ないですが、限界芸術とは関係するので、用語集から、サイトを紹介しておきます(美術系)。

http://www.jiten.com/dicmi/docs/k7/15356s.htm

http://www.dnp.co.jp/artscape/reference/artwords/k_t/kitsch.html
[PR]
by kogurearts | 2005-07-13 22:45 | 学生とともに

大阪市アーツアポリアの紹介

http://www.bunkanken.com/journal/article.php?id=264

大阪市アーツアポリアの中西美穂さんによる、築港赤レンガ倉庫ではもう今年度になるかも知れないという時期に記された貴重な紹介です。
[PR]
by kogurearts | 2005-07-12 21:07 | お奨め

雑貨 雑文 雑記 雑学 雑種 雑多 雑魚 雑木 雑穀 雑食 雑色 雑然

雑貨店のこと。雑貨は文化?て聴かれたこと。
どんな特色のある文化になりうるかということでしょうね。
貧しい文化と豊かな文化があるとして、豊かとは、雑貨の場合どんなことだろう。

雑貨店の反対は専門店。
雑種犬の反対は血統種犬。純粋種。
雑木林がなくなって杉林ばかりになった。
「貨」は、お金でも物でもたから、価値あるもの。
雑なる価値。価値が雑(まじっている、色とりどり)なのか、雑が価値なのか。

雑貨を雑貨という特有の文化として考え、尊重すること。
それは、十分、検討に値する。
エクレクティシズムではなくクレオールということ。
雑よりも純の方が価値高いということはもちろんない。
かかりつけのお医者さん、プライマリーケアの大切さ。
あるいは、雑なる生態系。雑穀の健康。複雑を複雑のまま受容すること。
雑菌。雑文、雑用、雑駁、混雑、乱雑。雑がスローとどうつながるか。

http://www.moderns.co.jp/kyoto/

http://www.kobe-news.net/zakka.html

http://www.zacca-cocoro.com/

http://www.kuusou-zakka.com/portal/index.html

https://green.felinet.com/fs/cv4/order/index?bcd=3779
[PR]
by kogurearts | 2005-07-12 06:30 | 雑記

パブロフさんの感想に同感しつつ、考えなくちゃ

青森のパブロフさんのブログの内容
http://d.hatena.ne.jp/pablov/20050704
学生は黒澤明はほとんどしっているが、小津安二郎はほとんど知らない。
チャップリンは知っているが、バスター・キートンは知らない。

ホント、映画の授業もまた必要なり。果てしなく、教養のベースづくりがつづくが、果たして、これって、どうしたらいいのか。

今日から三週、鑑賞演習では、映画を2つ見る。大島渚『儀式』、そして小津安二郎『秋刀魚の味』。これって、後期の葬送マネジメント論への序章でもあるのだが。さて。
[PR]
by kogurearts | 2005-07-08 08:02 | 学生とともに

浜大津の紙芝居フェスタでお会いしたような しなかったような

紙芝居も作っているという吉田マリモさん
http://www.marimo-net.jp/top.html

2000.9 京都府庁方言研究会と共に、丹後地方に伝わる「浦島伝説」の紙芝居制作
京丹後市網野町で開催された「全国海の祭典」に紙芝居を展示
後に幼稚園、小学校、老人ホームなど希望者へ販売

なんと、うちの大学のキャリア関係(7/13の14時から)でお話しされるそうです。
http://www.tachibana-u.ac.jp/official/career/sympo.html
[PR]
by kogurearts | 2005-07-06 20:57 | 雑記

文化資本と社会関係資本

ぼくが文化経済学をする必要もないんですが(京都橘大学には他のコースの教員は極小なのですが、文化経済の教員だけはいっぱいいらっしゃる)、ちょっと、社会関係資本ということに注目しようと思いました。

http://e.democracy.jp/blog/shiozawa/archives/000076.html

http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Books/Keikyo/194.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326601647/ref=pd_sim_dp_3/249-3628162-3350718

まず、読もうと思った本

スロスビーの文化資本論というのは、京都橘大学とその関係の範囲で使う用語ですが(こう書いてから検索するとこちらの文化資本論も使われていました)、一般的には、ブルデューの次のような紹介の方が文化社会学的には普通なので、こっちも押さえておこう。
http://www.hmn.bun.kyoto-u.ac.jp/tolerance/tolerance_abstract13-2.html
http://homepage3.nifty.com/sociology/lecture/sociology/sociology_03.html
[PR]
by kogurearts | 2005-07-06 06:23 | 文化政策のプレザンス

こんな図式(復習と予習)も、ノートのかわりに作成しました(ふー)

c0009815_8403961.jpg

c0009815_841390.jpg

[PR]
by kogurearts | 2005-07-03 08:40 | 文化政策のプレザンス