アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

隠れた阿部野の商店街を芸大生たちが探します

http://abeno-art.com/pc-top.html

関西学生アートマネジメント会議で出会ったYさんからのお知らせです。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-28 10:48 | お奨め

フリーペーパー

http://www.cinra.net/CD/vol.8/INTRO.HTM
[PR]
by kogurearts | 2006-02-27 08:28 | 雑記

結婚式場から稽古場へということですね

http://www.kanalog.jp/news/local/entry_18125.html

興味深い記事ですが、私としては、公共ホールから葬祭場への動きをずっと予告していますので、どうしても、そういうことが起きないだろうかと思っている次第です。

こりゃ、自己実現的予言にするしかないか。
いやいや。きっとそうなるって・・予言師かおまえって自己つっこみしちゃいますね。
多目的ホールの一つとして葬送(お別れ会)目的で使われるケースは前からあるので、その動向如何ということとか、指定管理者として葬祭業が取っちゃいことはどうかししらとか、株式会社が指定管理者となれば、葬送目的だってするだろうから、それを見越して葬送文化をよくする提案をまずしておこうとか。あれこれ、雑記でした。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-24 22:25 | 研究活動

大阪市はポップカルチャーをされるそうです。

http://www.city.osaka.jp/yutoritomidori/topics/info/culture/23.html

大阪市の文化関係は、こんどはポップカルチャーとかいろいろされるそうです。

USJ(これって書いても間違っているようでどうも自信がないアミューズメント施設ですが、あっていますかね。USAと一文字違いで、2/3がアメリカっていう深い意味がありそうです)、フェスティバルゲート(メリーゴーランドや遊具の取り壊しを見物しに行きたかったです。きっと現代アートよりもすごく面白見世物でったでしょう)や大阪ドーム(どうしてタクシー屋さんではダメなのでしょうかねえ)とかの流れ、あるいは、オリンピック誘致など大型イベント・コンベンション集客の延長なんでしょう。

(これは、今年から部会長になった日本アートマネジメント学会関西部会長松本茂章さんから教えてもらいました。彼はパブリックコメントを書くように薦めています。ぜひ、大阪市をまだ見捨てていらっしゃらない方は書かれたらいいかも知れませんね。こちらはまるで御用がないようなので最近はとんとご連絡もなく、それもあって、ほほっこんなことを書いていられたのかって読むだけですが)。

いやあ。これらって私とはまったく関係ないものばかりなので、どんなものか外野席からたまに見させてもらいましょうね(いや、きっと大阪市という存在自体を忘れてしまうかも)。「チアアップ」という言葉があって、これって20年以上前何かに使った(イベントオリエンティッド行政とかとても恥ずかしい企画をしたことがありまして・・反省しきり・・覚えているのに忘れているふりしていますが)なあとか、結構面白いです。

まず、アートコミッティだったか、あと芸術総合プロデューサーさんでしたか。どんな方がなられるのか楽しみです。と書いて、忘れないようにいたしましょう。

ただ、江戸時代に大坂が中心だったつくりもの、特に細工見世物は復活してもらうと面白いなとやっぱり前向きにパブコメする善人の小暮でした。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-24 18:16 | 雑記

指定管理者制度の記事が読める

渡辺和さんのブログからの情報。
http://www.zenkoubun.jp/print/geijyutu/geijyutu.html

渡辺さんも書かれていて、文化施設のことに無関心ということは、とっても広い開拓領域があると思いましょうとか、興味深いお話です。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-23 13:50

キャリア教育としての話しことば検定

今日、大学評議会があって、キャリア教育の実施についての説明があった。
2005年度から1回生の前期授業としてはじまったのですが、その成果として、日本語文章能力検定3級合格が600名近くも出たとか、へえ、と思って聞いていた。
新年度から日商簿記2級、3級を単位認定するっていうのは聞いていたのだが、それとともに、漢字検定準1級とか、話しことば検定2級というのも単位認定になるということ。

話しことば検定2級というのは、3級よりもむずかしいのでしょうから大変なのかも知れないけれど、1回生のときからこれを勉強して単位にもなりしかも就職活動などでも自信がつくというのであれば、少し検討してみようかなあという気がします。スピーキングがあるというのも実践的だし。
だれか、受かってテキストいらない学生さんとかいたら、研究室に寄付してもらえるとうれしいな(3級からまず1回生ははじめますから・・)。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-22 18:35 | 学生とともに

動態保存の例

町家をレストランに転用するのは、「動態保存」の例となります。

動態保存とは、「生来の目的では使われなくなったものをほかの用途に転用して活かし続けること」。「工場をアスレチック倶楽部に改装したり、内装を美術館に造り替えて再利用するのは、産業遺産の動態保存である。」

反対の言葉は、静態保存。「明治村などに移築し、そこで見世物にして保存する」こと。
蒸気機関車の動態保存が一番ポピュラーな使用法のようです(でも、同じように使われている?いや、観光目的に転用されているか。ただ、少し「見世物」ちっくですね。他方、明治村への移築でもそtれが観光になるとすると・・少し動態と静態の差はあいまいな部分もありそうですね)。

近代産業遺産とは、「日本資本主義の黎明期以降、わが国の経済発展を支えてきた産業遺産」のこと。

以上、矢作弘『産業遺産とまちづくり』(学芸出版社、2004)より。
この本で紹介されていたもので、瀬戸の窯垣(かまがき)の小径のことは、まったく知りませんでした。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-21 16:31 | 雑記

ウェディングビジネスが町家にもきているのですね

「オオバコ」(集団で会食できる大きなレストランっていうことでしょうか)の町家レストランに入ったら、一軒家ウェディングスペースだったというお話を読みました。

建築探偵たぬきさん→いちょかみんさん

基本は飲食コンサルタント業とレストラン経営。そこにレストランウェディングが大きく入ってくるという業態パタンのようですね。http://www.dreamwks.com/aboutus/index.html

レストランウェディング 
http://zexy.net/cate/box3/
http://www.kyoto-tnc.com/planning/s_restaurant.html
http://www.hipnews.jp/restaurant.html
[PR]
by kogurearts | 2006-02-21 08:14 | 雑記

証券会社は、06年3月卒の新規採用も追加しているんですね

京都新聞に載っていたので、大和証券を見たら、ここにも載っていたので、いろいろな証券会社で、採用枠が広がっているようです(卒業生まで募集するくらいですから)。
とりあえず、情報として。

http://www.daiwa.jp/recruit/index.html
[PR]
by kogurearts | 2006-02-19 19:35 | 学生とともに

指定管理者の撤退ニューズ

http://ombuds.exblog.jp/2703858/

㈱大新東という会社は、昔、ドライバーズプールシステムということで市バスの代行運転が出来ないかという案件で話し合ったことがありました(20年以上前ですが)。その後、日光江戸村とか手広く創業者の野口さんとかいう方がしていたはずでしたが・・2004年11月に撤退してなんとかしようとしているのですね。でも、かなり闇雲な感じの会社になってしまっているようです。
[PR]
by kogurearts | 2006-02-17 13:41 | 雑記