アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

NO-MAの記事サイト  内田洋行とミュージアム

http://www.museumstation.net/archives/mu/06/07/14-164951.php

http://www.museumstation.net/

オフィス用品・家具関係と思っていたけれど、
内田洋行は、ミュージアム(文化施設)関連事業もしているのか!
びっくり。
[PR]
by kogurearts | 2006-10-31 22:31 | 文化政策のプレザンス

下関市のホール(図書館なども複合された施設)の行方

http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000150604260001

http://www2.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1142414494812&SiteID=0000000000000

下関市民会館(立派なホールがここにすでにありますね)。http://www.scpf.jp/html/shisetui.html

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/post_8262.html

http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000610180003
[PR]
by kogurearts | 2006-10-29 09:47 | 情報収集

100%ORANGEさん 紅茶へ

c0009815_100074.jpghttp://m.lipton.co.jp/ez/goods.html

携帯電話のお仕事は多いのだろうなあ・・・。
[PR]
by kogurearts | 2006-10-28 09:59 | 雑記

内田樹×釈徹宗 対話の劇場

寺子屋トーク Vol.46
「死者とのコミュニケーションは可能か」
ー内田樹×釈徹宗 対話の劇場ー

なぜ人は〈ことば〉の通じない「死者」に語りかけるのでしょう?
なぜ人は〈からだ〉のない「死者」に問いかけるのでしょう?
言葉や身体による情報交換といったコミュニケーションではなく、事物として現前
しない死者たちの領域との究極のコミュニケーションについて、気鋭の思想家と仏教
家の対話の劇場です。
「死者たちに代わって語る権利はぼくたちにはない。でも、だからといって死者たち
の声に耳を傾けることを止めることは許されない。」(「死と身体」医学書院)と綴
る内田樹さんと、内田さんとの共著で「いきなりはじめる浄土真宗」「はじめたばか
りの浄土真宗」を上梓されている釈徹宗さんをお招きして、目には見えないけど存在
する、「非存在」な存在としての死者とはいかに向き合うべきものなのかを深める場
とします。

[開催概要]

■日時:2006年10月29日(日)14:00~16:30
*終了後にワンコイン交流会があります。

■料金:一般1800円
学割1500円(應典院寺町倶楽部会員も同額)

■場所:應典院本堂ホール 大阪市天王寺区下寺町1-1-27
http://www.outenin.com/otenin_6.html
地下鉄「日本橋」「谷町九丁目」徒歩8分
■定員:100名【予約優先制】

■ゲストプロフィール:

内田 樹(うちだ・たつる)さん
1950年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒。東京都立大学大学院人文学科研究科博
士課程中退。同大助手を経て、現在神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。専門は
フランス現代思想、ユダヤ人問題から映画論や武道論まで幅広い。著書は「寝ながら
学べる構造主義」「ためらいの倫理学?戦争・性・物語」「子どもは判ってくれな
い」など多数。

釈 徹宗(しゃく・てっしゅう)さん
1961年大阪生まれ。龍谷大学大学院文学研究科博士課程・大阪府立大学大学院人間文
化学研究科博士課程修了。学術博士。専門は宗教思想、人間学。浄土真宗本願寺派如
来寺住職。相愛大学講師。著書に「親鸞の思想構造」や内田氏との共著「いきなりは
じめる浄土真宗」「はじめたばかりの浄土真宗」などがある。、

■お申込み
予約優先、FAX、Eメールにて
1)氏名
2)一般/学生
3)電話、FAX(Email)
を下記までお知らせ下さい。

■申込み・問合せ先
應典院寺町倶楽部
TEL 06-6771-7641 FAX 06-6770-3147
info@outenin.com
大阪市天王寺区下寺町1?1?27

■主催 應典院寺町倶楽部
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<寺子屋トークVol.46はコモンズフェスタ2006参加事業です>
http://www.outenin.com/commons2006/
[PR]
by kogurearts | 2006-10-24 16:43 | お奨め

ココロからだンス 参加者追加募集中!!今月いっぱいまで

a0034066_10162325.jpgココロからだンス 参加者追加募集中!!今月いっぱいまで

20日、ワンダリングパーティーのお芝居を見たあと、東山青少年活動センターの表さんに、ヒガシガシのお礼を言いに行くと、ココロからダンスのワークショップがまだ参加者定員に達していないのだという。

たとえば、一回生のゼミ生に音楽好きでダンスワークショップをしたりすると、ぐっと学習することの楽しさが見えてくるのでは?と思う男子学生はいるのだが、どうも、男子へわたしのアーツマネジメントはとどかないのである。

もちろん、参加費は18000円と有料なのだが、27回のワークショップ(レッスン)、そして公演費用が一切入るのだから、ずいぶんと青少年への公共的な事業としての位置づけがあっての価格となっている。文化政策、とりわけアーツマネジメントを学ぶ学生にはまず自分でこういう場に飛び込み、体験することが最高にいいわけで、卒論を書くにしても、自分で制作して卒業しようと思っている学生にとっても、1回生、2回生あたりでまず体験するのは理想的なのである。

うちのゼミ卒業生も参加して卒業論文をダンスでまとめたし、参加して欲しいと切に思う。
[PR]
by kogurearts | 2006-10-21 10:19 | お奨め

11/4は、午後ずっとcocoroomにいます。なかなか面白い企画のようです。

小暮先生

お世話になっております。cocoroomの横山です。

さて、11月4日土曜日にことばち本公演「この空の下劇場」を実施いたします。
子どもたち、障がいを持つ人たち、高齢者、様々な分野の専門家/非専門家、様々な人々が関わるいくつものことばちプロジェクトの成果がこの日に集結いた します。

「この空の下劇場」のプログラム中の「こんにちわ委員会」に、小暮先生にぜひこんにちわ委員として出席していただきたく思います。
各委員の自己紹介に加えて、この空の下劇場を見ての感想やココルームの取り組みを外部から見ていて思うことなどにも言及していただければと思います。

以前、「この空の下劇場」に参加しますとのメールをいただいていたのですが、ご都合いかがでしょうか?
当日のおおよそのプログラムですが、
14:00開演
14:30障がいを持つ人たちとのワークショップ作品発表
15:20子どもたちとのワークショップ作品発表
16:20紙芝居ワークショップ作品発表
17:20フリンジ公演はらっぱ劇場の成果発表
18:50こんにちわ委員会
20:50ココルームスタッフによる報告的発表
21:40終了
となっています。
長時間の高速になってしまい申し訳ありませんが、ご検討のほどよろしくお願いします。

cocoroom / 横山
[PR]
by kogurearts | 2006-10-20 13:17

10/23(月)の専門演習(3回生と4回生)合同で

10/23(月)の専門ゼミは、やはり13時から行います。
まだ、4回生で中間発表していない人はぜひここでお願いします。
この日は、3回生の就職活動、卒業研究へ向けた研修会がメインです。
1こ上のみなさんが優しくアドバイスしてくださいね。

なお、3回生のキューチャンの関係でサンテレビが入ります。
あらかじめ、了承してくださいませ。
[PR]
by kogurearts | 2006-10-17 08:11

“まち”との“つきあい方”をマナブ~ 

北青少年活動センターの方からご案内がありました。
文化政策のみなさんなど、興味のある方はぜひぜひ

------------------------------------------------------------------
“まち”に興味がある。“まち”にもっと関わって行きたい!
そんなアナタに,オススメです。
そして「“まち”に関わるって,どんなこと?」って思ってるアナタも,
おもしろい発見と出会いがいっぱいあると思います。
ぜひ,参加して下さいね。お待ちしています。

★事業名  
まちづくりセミナー
“まち”との“つきあい方”をマナブ~ 自分流の“まち”とのつきあい方を発見!

講師から“まち”のかかわりについてのお話を聞いたあと,
一緒にまち歩きをして講師のまちに対する視点を共有します。
また,まちづくりに関わっていく上で必要な手法なども学びます。

詳しくはhttp://www.jade.dti.ne.jp/~nishiho/2006/b016machi.html
をご覧ください。

★実施日時  
(1)11月5日(日) 10:00~17:00
「歴史学の立場からの京都―過去の痕跡に気づき,まちづくりに活かす」
講師:中村 武生(なかむら たけお)

(2)11月12日(日) 13:00~17:00
「“まちのブランド化”戦略的にまちを磨くとは?」
講師:大島 祥子(おおしま さちこ)

(3)11月19日(日) 10:00~17:00
「“まち”とのつきあい方を考える。自分流のつきあい方を発見!」
講師:永橋 為介(ながはし ためすけ)<コーディネーター 兼 講師>

★実施場所  北青少年活動センター及び周辺地域
★対象  京都市内に在住・在勤・通学先のある中学生から30歳までの方
★定員  15名
★参加費  1,000円
★申込期間  先着順にて受付中
★主催  京都市,(財)京都市ユースサービス協会(北青少年活動センター)
★担当者  北青少年活動センター 竹田 純子
★問合せ先  
京都市北青少年活動センター
〒603-8165京都市北区紫野西御所田町56北区総合庁舎西庁舎内
℡ 075-451-6700/e-mail kitakita@csc.jp
URL http://www.jade.dti.ne.jp/~nishiho/ 
平日10時~21時,日祝10時~18時,水曜日休館
[PR]
by kogurearts | 2006-10-16 18:21 | お奨め

山科 モノクローム写真展

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006101300108&genre=K1&area=K10

あら、15日で終わっていました。
[PR]
by kogurearts | 2006-10-16 07:37 | 情報告知

大阪府八尾市の作り物まつり

http://eonet.jp/eonews/

ローカルなニュース。つくりもん、と紹介されていた。
江戸時代に流行った作り物がこうして各地に残っている。
八尾市のHP。http://www.city.yao.osaka.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020000&WIT_oid=icityv2::Contents::10295

各地
http://www.shokoren-toyama.or.jp/~fukuoka/town/event/tsukuri.html

http://www.city.fukuchiyama.kyoto.jp/fukuchiyamaisanWEB/taikinokioku/inori/dasi/nukatadasi.html
[PR]
by kogurearts | 2006-10-15 21:23 | お奨め