アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

下関市社会教育複合施設建設についての未定稿メモ

12/29(金)の日記の未定稿部分を含むもの

岸信介特集の現代思想1月号をだいたい読み終える。
現実の政局も、ここで予め指摘されているように(毛利嘉孝「60年安保をめぐるメディアの政治学」p182)、ナポレオン3世的な様相を見せ出しているだが、「冷戦中と冷戦後の間」(萱野稔人)の記事(p148)を読みながら、「文化施設と政治」「政治は文化に何をし、何をしてこなかったのか」というテーマを、下関市社会教育複合施設建設における入札問題をきっかけに、過去に溯って政治学的な視点も入れ込んで考察したものってあるかしらと頭をかすめた。

たとえば、いま問題になっている東京都や、少し前なら山口市松本市栗東市などなど(府県レベルでも色々あったなあ・・)における政治的に取りざたされた公共文化施設(芸術センター、劇場)の政治力学を地域と文化の関係をめぐって考察することはずいぶん必要だし大切だなあと思って、とりあえず少し下関の事件を検索しておく。

それにしても、この下関市の施設(音楽ホール、図書館、生涯学習施設、その他情報機能施設、集会施設等のほか、共用施設として駐輪場39台、駐車場94台)は、PFI方式として提示され、かつ、完成後は指定管理者として建設後運営されることを含んで(内容や運営なども含めて審査されて)落札されたという。

そういう点だけでも、今後の文化施設設置・運営にあたってずいぶん影響を当たえそうなものだし、原弘産グループよりも9億円ほど高く入札したのに一度は三菱商事(ここの中国支社長が安倍首相の兄)グループに移ったことだけで世間を驚かし、その後、偶然なのかそうでないのか知らないが、三菱商事グループの社員が逮捕されて失格になり、㈱原弘産PFIインヴェストメントに二転三転して契約交渉権が移った(11/21)ということみたいで、その後どうなっていくのか、まだまだウォッチしておく必要のある案件であることは間違いない。

下関社会教育複合施設関連で検索したサイトのいくつか

http://www2.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1142414494812&SiteID=0

http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000150604260001

http://www.tokyo-keizai.co.jp/visit/200.html

http://kanmontuusin.morrie.biz/item/740

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-199.html

http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/abesyusyouzimotonosimonoseki%20kuitubusiseizinihakusya.htm

http://accessjournal.jp/modules/weblog/index.php?user_id=0&cat_id=132

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1257.html
[PR]
by kogurearts | 2006-12-29 08:03 | 情報収集

摂津市立第六集会所 「大阪の内子座 府内唯一の現存例」

大阪の近郊に芝居小屋が残っていて、摂津市役所、生涯学習スポーツ課(茗荷さんが担当)が管理しているそうだ。

カルロス喜多さん(fax:06-6384-0067)に連絡して、一緒に見学しようというチラシを、昨日の学会例会で長田先生からいただいた。

調べると、いい感じのところで、劇団の人たちが見学されていたりしている模様。
http://blog.goo.ne.jp/kasyou-nsp/e/68b6a36554dfe0b4872f2d4e255cf018
[PR]
by kogurearts | 2006-12-25 13:50 | 情報収集

ポピュラー音楽 シリアス音楽 クラシック フォークロア(民俗)音楽

http://camp.ff.tku.ac.jp/YAMADA-KEN/Y-KEN/ex-files/qa-99kunitachi.html

http://blogs.dion.ne.jp/biwacine/archives/581103.html

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9D%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E4%B8%BB%E8%A6%81%E6%96%87%E7%8C%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88/lm/7BN12NX5HX1X

http://members.aol.com/User962351/pop.htm

三井徹編訳『ポピュラー・ミュージック・スタディズ~人社学際の最前線』音楽之友社、2005。p64より
 20世紀に入って、都市化と産業化と読み書き能力がヨーロッパと北米の全域に広がるにつれ、北米の民俗学者たちは自分たちの研究対象を再構築し、「民俗」文化と「ポピュラー」文化と「高等」文化を区別しはじめた。「民俗」的なものは、古いもの、伝承のもの、習慣的なもの、作者不詳のものとされ、その起源は田舎にあり、文字という手段ではなく口頭で伝えられ、生活様式が共通した一集団が共有する共同体的なものである。「ポピュラー文化」は、新しいものであり(あるいは、少なくとも古いものではなく)、その作り手の名はわかっている場合が多く、起源は町か都市にあり、活字によって大量に普及し、後にはラジオ、レコード、TV、ビデオ、コンピュータによって広められるようになる。それは伝承されるものではなく、一時的なものであり、集団参加ではなく消費される製品として作り出され、利益を求めて販売される。「高等」文化は「ポピュラー」文化の属性の多くを共有しているが、アーティストは教育機関で訓練を受けており、芸術の伝統の範囲内で実践し、それは必ずしも権船のためではない。製品が売られることはあるにしても大量に販売されることはない。作曲された本来の作品には大きな価値があるが、それを真似たものはポピュラーとみなされ、大きな価値はない。・・・

[PR]
by kogurearts | 2006-12-25 12:11 | 雑記

大阪情報箱 大阪楽座事業のPR出演

大阪情報箱(2006.12.24 テレビ大阪
c0009815_18271969.jpg

c0009815_18265234.jpg

c0009815_18273365.jpg


かなり色々しゃべったなかで、ディレクターがピックアップしたのが、放送されるのだけれど、あらかじめ話そうとして準備していたレジュメ以外に、綿業会館へと歩きながら、そうそう、楽しむポイントは、まず、歴史的建造物がいろいろあるので、それを観ながら、できれば、同じぐらいの頃(昭和のはじめぐらいがおおいので、70年前ぐらいのころ)を想像してまちを眺めながら歩くというのを本番では追加したのだった(以下、用意していたレジュメ)。
大阪情報箱 2006.12.24の小暮発言メモ

残念ながらそうはいかないんですよねえ。・・・・
だって、このような建物を残すだけでも、大変なのですから。
・・・・・
そうですよね。こんないい雰囲気の空間に、人がもう一度集まって、楽しく座って、大阪の文化を味わって欲しい。そのために、この大阪楽座事業が始まったのです。
大阪楽座事業のねらいは、3つあります。
一つは、大阪の文化遺産を残してみんなに伝えること まちづたえ といいます。
二つ目は、大阪に住んでいる人たちが文化を創ること まちづくり ですね。
そして、この二つをドッキングして、文化遺産をいまの文化に使ってもらおう これが3つめのねらい。すなわち「まちづかい」となります。

この綿業会館では、タイの古典音楽をチュラロンコン大学のオーケストラによって、なんと大阪万博以来、関西でようやく楽しめたのでした。近くの細野ビルヂングでも、目の前を能が舞い、囃子が響きましたし、現代演劇やポエムリーディングなど多彩な活動を支援しています。

歴史的建造物を楽しむポイント
1)過去の人たちの残した跡を見つけて、想像する楽しみ。
2)自分たちもちょっとご先祖さんになったつもりで、和装とか、レトロな姿で鑑賞する。

[PR]
by kogurearts | 2006-12-24 18:27 | 雑記

紙芝居で町の将来像を小学生たちが発表したニュース

大阪日日新聞2006.12.13より
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/200612/news1213.html#12133
大阪外環状線の新駅建設が計画される吹田市の南吹田地区にある市立吹田南小(田坂博正校長)の児童が八日、今後のまちづくりについて学習してきた成果を紙芝居にまとめ、保護者らに発表した。「道が広くて車いすでも通りやすい町」「きれいな散歩道がある町」などと思い思いにわが町の将来像を描いた。
・・・・

 市都市整備室は、本年度から地域住民や地元企業にアンケート調査などを実施。同時に、子どもたちにもまちづくりに関心を深めてもらおうと、同校など二つの小学校で「まちづくりワークショップ」の授業を企画した。

 吹田南小では四年生百二十人が授業に参加し、十月にはカメラとメモを携えて新駅の建設予定地などを訪問。お年寄りや障害者らの視点に立って周辺の道路や公園を回り、将来に残したい町の良さや改善すべき問題点などを写真に収め、地図にした。

 十一月には、同地区の理想の将来像について、イメージ写真を使いながら、「緑の自然がたくさんあったらいいな」「店があれば買い物に便利」などと意見を出し合い、結果を紙芝居風に仕上げた。
・・・・・・・

[PR]
by kogurearts | 2006-12-23 16:27 | 紙芝居関連

2006年度こぐれゼミ卒業研究タイトル

2006年度こぐれゼミ卒業研究タイトル

人々が求める結婚式のかたち

卒業制作イベント「一緒に・・・우리 함께 해요!!」~日本と韓国の文化交流~  [合同卒業制作(2名)]

アーツエントランスへの誘い―三条あかり景色 活動記録―  [卒業制作]

企業と地域の新たな関係―企業メセナ活動による地域社会活性化― 

アートアニメーションの魅力

こども演劇フェスティバルの経験 ~児童青少年演劇文化は今…~  [卒業制作]

手紙文における時候のあいさつについて

雑貨と暮らす~広がりを見せる雑貨屋の向かう先~

進化する音楽 ~情報配信との出会い~

『笑い考』~人間にとって笑いとは~

現代日本におけるヘナとタトゥー

アートセラピー~その社会的ニーズと今後の課題~

クラシック音楽に詳しくない日本人~テレビが媒体となり世間に普及される~
[PR]
by kogurearts | 2006-12-21 14:09

BOX東中野が、ポレポレ東中野にかわったのね。なるほど

BOX東中野が、ポレポレ東中野にかわったのね。なるほど。
http://channel.slowtrain.org/feature/feature006/start/index.html

http://channel.slowtrain.org/feature/feature004/03_zadankai.html
<< ポレポレ東中野とは >>
2003年4月に閉館した、ドキュメンタリーやインディーズ映画を中心に公開していたBOX東中野の跡を引継ぎ、2003年9月6日にオープンしたばかりのミニシアター。かつての“BOX東中野”のカラーを引き継ぎ、注目株の新人監督作品やドキュメンタリーを積極的に上映。個性的なラインナップで注目を集めている。2003年10/25公開の『赤目四十八瀧心中未遂』(荒戸源次郎監督)が、ロングランヒットしたことも記憶に新しい。

[PR]
by kogurearts | 2006-12-19 10:35 | 情報収集

卒業研究の公開発表会 卒業研究要約など

専門演習Ⅳの締めくくりでもありますが、卒業研究の公開発表会を
予定通り、2007年、2/5(月)の13時から、B105教室にて行います。

そのときに配布する資料は、卒業研究の要約と目次です。
ただし、もちろん、それ以上のもの、
たとえば、説明するのに必要な表とか写真、
研究した特徴的なトピックスなども一緒にコピーすることは可能ですし、大歓迎です。

部数は、余るかも知れませんが、20部程度用意してください。
院生さんやいまの3回生、そして来年度3回生になるアーツマネジメント志望の学生さんにもきてもらおうと思っています(みなさん、ぜひ参加してくださいね)。

なお、卒業研究の要約(1200字を少し超えるぐらい)は、
一度、こぐれ研究室でメールなど電子情報で届けてもらい(今年中)、
それをいったん添削して返します。
その添削を参考にしてもう一度自分で完成してください。
そして、また私にください。
それを発表に使うとともに、学部の冊子として印刷することになります。
[PR]
by kogurearts | 2006-12-19 07:38 | 教育の模索

専門演習Ⅱのレポート

専門演習Ⅱのレポートは以下の通りです

卒業研究案について  複数ある場合は複数書くこと
① タイトル  サブタイトルをつけるなど具体的に
② 概要  動機や目次案(箇条書き)
③ 方法  アンケート、ヒアリング、現地調査などの案
④ 参考文献・サイト  まだ読んでいない予定のものもいっぱい調べておく
               著者、出版社、出版年、アドレスなどを忘れずに

提出期限 1/22(月)のゼミ時間 1/22がこれない学生は、1/15(月)に提出すること
書式  A4 1~2枚
[PR]
by kogurearts | 2006-12-19 07:36 | 教育の模索

ベーシックインカムという言葉を聞いた

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03.htm

http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page061.html

http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20060905/p1
[PR]
by kogurearts | 2006-12-16 10:37 | 雑記