アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

川崎市アートセンター

http://www.city.kawasaki.jp/25/25bunka/home/artcenter/artcenter.htm
[PR]
by kogurearts | 2007-03-31 14:44 | 情報収集

ぜひ、多くの方の参加を!

「子どもの文化フォーラム」5/27です。ゼミで参加します。TAM研としても・・・・

More
[PR]
by kogurearts | 2007-03-31 14:09 | お奨め

閉館する美術館情報

島根県松江市のルイス・C.ティファニー庭園美術館
島根県立美術館は指定管理者制度関係でいろいろ有名だったはずですが、
こういう観光施設寄りの、しかも、地域文化資源とは別の美術館のことは知りませんでした。
まず、設置条例を読んでおきましょう。
ニュース
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=357346004
・・・・・美術館を所有、運営する堀内不動産(名古屋市)と係争中の市は、和解協議が不調に終わったのを受けてガーデンの単独運営方針を決定。二十八日の市議会で、関係条例と市観光開発公社の指定管理者指定の二議案が可決された。

 管理経費は二〇〇七年度当初予算に計上した湖北芸術文化村の運営費を充て、補正予算案を六月市議会に計上する。

 美術館について、市は四月以降の営業再開を堀内不動産側に求めていく方針。

[PR]
by kogurearts | 2007-03-31 11:37 | 研究活動

4月の21日と22日 15時からは これしかないですよ

4月の21日と22日 15時からは これしかないですよ
明治安田生命社会貢献プログラム 「エイブルアート・オンステージ」参加事業
めくるめく紙芝居公演
『ハニャマのハミューダ島物語』 


「ハニャマのハミューダ島物語」は、遠い昔のお話で、現代のお話でもあります。
現在にも未来にも過去にも存在している「ハニャマのハミューダ島」。
あなたがいつか見た夢、いつも見る夢にでてくる「ハニャマのハミューダ島」。
みんな行きたいと思っている。そしてみんなきっと、行ったことがある。

急がなくてもいいんだよ、いつかかならず行けるから。
【ハニャマのハミューダ島物語】
第一話:森
第二話:海
第三話:町

●とき:2007年4月21日(土) 午後3時
●ところ:大善院(だいぜんいん) 本堂
     (住所)京都市下京区新開町397-9
     ⇒アクセス案内:地下鉄四条駅・阪急烏丸駅から、徒歩10分
●とき:2007年4月22日(日) 午後3時
●ところ:東御坊(ひがしごぼう)(山科別院長福寺)本堂
     (住所)京都市山科区竹鼻サイカシ町13-17
    ⇒アクセス案内:京阪・地下鉄・JR山科駅から徒歩10分

●料金:無料

▼出演者
大河内絢子、伊藤泰三、西森一生、長谷川峻也、古川貴光、村岡俊和、安田知史、安田良行、吉田綾、ほか、めくるめく紙芝居ワークショップ参加者(出演者は変更になる可能性があります)
▼ゲストアーティスト
林加奈(画家・音楽家)、HANA★JOSS(ジャワガムランユニット)、
山下残(振付家・演出家)、井上信太(美術家)
[PR]
by kogurearts | 2007-03-27 17:44 | お奨め

内山節という哲学者を知らなかった自分が恥ずかしく

内山節「里」という思想』(新潮選書、2005)を読み出す。
信濃毎日新聞の連載コラムなので短いが、深く、クリアでびっくり。
こう話せば、グローバリズムとかナショナリズム(国家主義)とかを学生さんに理解してもらえるかも知れないと感嘆しつつ読んでいる。p80
・・それ(20世紀的な悲劇のひとつ:小暮注)は、共同体、伝統、風土といったものは、本来的に国家主義とは相いれないものとしてあるのに、この両者が結びつくかのごとく虚構の上に国家が形成されているという悲劇である。この悲劇があるが故に、私たちは歴史や社会を率直にとらえることができない。
 そもそも、国家自体が歴史的伝統ではないはずである。なぜなら、いま私たちが国家と呼んでいるものは、国民の形成とともに生まれた国民国家であり、近代的な国家だからである。それ以前の古代王権や幕府権力によって打ちたてられたものは、もちろん国民国家ではないし、今日わたしたちがとらえている国家とは全く違うものである。
そうなのだ、近代国家が作られる過程とは、それまでの地域や共同体、伝統や文化を暴力的に破壊し支配下に置き、従属させてきたわけですね。つまり、
・・共同体や伝統、風土といったものをときに分解させ、ときに破壊することによって、それぞれの地域文化のなかで暮らしていた人々を国民として統一し、国民国家はつくりだされていったのである。ところが、新しく生まれた国民国家が、国家の正統性というアイデンティティーを、自らが破壊しようとした共同体や伝統、風土に求めた。そして、このゆがみが、私たちの歴史観や社会観に、大きな混乱を与えたのである。

[PR]
by kogurearts | 2007-03-15 20:13 | 研究活動

NPO法人が指定管理者になったのは、1.7%だけということ

http://www.co-existing.com/forum/forum20070327.html
シンポジウム 
「指定管理者制度とNPO~事例を通じて指定獲得へのマネジメントを考える~」

いいセミナーみたいですね。
[PR]
by kogurearts | 2007-03-15 14:42 | お奨め

お百姓さんに興味はありませんか!

~都会育ちが百姓目指して若狭へ!
      汗と涙のノンフィクション~

今回は,「百姓」の生き方に魅力を感じ,自分も「百姓」のような
でっかい心と百の技をもつ男になるのだ!という想いを胸に,
福井県の若狭町に移住して,ついには米を糧に田舎暮らしを始めた
尾崎さんをお招きして,米作りや田舎暮らしについて聴く企画です。
米作りに興味のある人もそうでない人も,田舎暮らしに興味がある
人もそうでない人も,ぜひ,ぜひ,いらっしゃいませ!!
※“こめんちゅ”=米人=米作りをしている人のこと(造語)

当日は,尾崎ファームのお米で作ったおにぎりの試食あり!
お土産にお米もプレゼントします

日 時:3月25日(日) 14:00~17:00
場 所:京都市北青少年活動センター
定 員:20人
対 象:京都市内に在住か勤務先・通学先のある中学生~30歳までの方
参加費:200円
申込み:電話・窓口にて先着順受付中
講 師:尾崎 晃一さん
 貯金18万円で就農した、自称 無茶苦茶男!
 北青少年活動センターで環境教育のボランティアをしながら,
 農業の体験学習の仕事を探していたところ,縁あって 若狭町の
 『かみなか農楽舎』を知り,2年間研修生として農業と体験学習
 について学ぶ。その中で,若狭町と農業の魅力に引き込まれ,独立。
 現在,水稲を中心に自分流の22世紀型循環型農法を確立するため,
 毎年研究を重ねながら田舎暮らしを満喫している。

☆問い合わせ・申し込み
京都市北青少年活動センター
〒603-8165 京都市北区紫野西御所田町56番地 北区総合庁舎西庁舎内
電話:075-451-6700 / FAX:075-451-6702 / E-mail:kitakita@csc.jp
URL :http://www.ys-kyoto.org/kita/
平日:10~21時,日・祝:10~18時 / 水曜日休館
[PR]
by kogurearts | 2007-03-13 17:48 | お奨め

おれ、社会学か!まあ、広く社会にアーツだからいいか

c0009815_12153422.jpghttp://shingakunet.com/gakkoustdguide/07628701/

リクルート進学ネットより。
[PR]
by kogurearts | 2007-03-11 12:09 | 教育の模索

2008年度入学生向け広報になりますね 早いものです

もう、2008年度入学生向け広報になりますね、早いものです。
3/25の11時10分から、
3高校生向けの短い(20分)のお話をします。

TOUCH SEMINAR 2007 都市環境デザイン学科(仮称)ガイダンス
moreにレジュメをアップしておきました。

More 「文化プロデュース」って?!
[PR]
by kogurearts | 2007-03-07 13:13 | 教育の模索

夕張市美術館

アートスケープサイトより
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/curator/kt_0703.html

夕張関係の記事は多いですね(↓はその一つ)
http://blog.livedoor.jp/bluebook/archives/50705567.html
[PR]
by kogurearts | 2007-03-02 23:24 | 情報告知