アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

神奈川県立近代美術館非常勤学芸員

以下のような求人がありました。
「4年制大学卒業以上(美術、美術史、美術教育、文化政策、美術、美術館に関する専
攻であることが望ましい)」。「文化政策」がありますね。ふふふ。
神奈川県立近代美術館です。
当館では2008年度にむけて非常勤学芸員を募集しております。もし可能な方がいらっ
しゃいましたら、是非応募の程、お願いいたします。以下、当館のホームページにも
掲載しました募集の要項をお送りします。

神奈川県立近代美術館は、美術館の資料整理、教育普及、広報および展覧会補助を担
当する非常勤の学芸員を若干名募集します。

応募期間:2008年2月11日(月)まで

応募資格:
4年制大学卒業以上(美術、美術史、美術教育、文化政策、美術、美術館に関する専
攻であることが望ましい)


More
[PR]
by kogurearts | 2008-01-31 22:10 | 求人

韓国の文化政策組織について

大統領が替わるので、文化政策のありかた、国の組織(韓国では、日本の省が部となっている)も替わるのですね。http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT13000029012008
 イ・ミョンバク次期大統領が情報通信部の解体を強く望んでいる理由は「韓国のデジタル産業はコンテンツ不足。インフラばかりで活用度が低い」という危機感からだ。ソフトウエアの競争力は低く、劣悪な環境に立たされた中小ITベンダーなど問題は確かに多い。「インフラだけは世界一と自負していたが、それも日本に先を越されようとしている」とイ・ミョンバク次期大統領は訴える。

 省庁再編の方向性については、「放送と通信とコンテンツはネットワークを基盤とするサービスになっているので一つの組織で管理する必要がある。『情報通信部はネットワーク』『文化観光部はコンテンツ』と分断されたままでは効率的な成長は見込めない」と、時代に合わせた組織の統廃合を見すえている。文化政策についても、「文化は芸術としての価値にとどまらず、産業的価値を大事にしなくてはならない」と、産業政策との連携を重視する考えも示している。

[PR]
by kogurearts | 2008-01-31 11:03 | 文化政策のプレザンス

文化政策アラート

グーグルアラートというのをちょっと使い出した。
文化政策とアーツマネジメント、アートマネジメントを入れる。

すると、静岡のこんなニュースが入っていた。「芸術文化政策」で反応したらしい。
http://www.shizushin.com/local_politics/20080125000000000019.htm

More 引用
[PR]
by kogurearts | 2008-01-26 08:48 | 雑記

ゆっくり生きる

ゆっくり生きる。What Is the Real Nature of Being?
いま開催中の芦屋市美の展覧会のタイトル。
ゆっくりアーツできなかったから、大騒動になってしまったミュージアムじゃんけ、とかいやみを言っても仕方がないし、いい展覧会だよなあと思いつつ、なかなか。
本展は、そうした速さを念頭におかない遅さ、いいかえれば、速度を気にすることのない時間の捉え方を実感する機会となることをめざし、赤崎みま、松井智惠、森口ゆたかによる仕事を紹介します。その作品は、たとえば、一見取るに足らないように思える細部に飽くことなく目を凝らしたり、規則や体系からははみ出してしまう断片的なものを見つめるといった、立ち止まりや逆戻り、矛盾や混沌をゆるやかに肯定する視線に満ちています。本展が、速さと遅さの対比で語られる時間とは別種の時間を生きる体験となれば幸いです。
は~い。

2/16に音楽ライブもあるそうなので、なんとか、芦屋市美に久しぶりに行こうかとか思っている。
http://www.ashiya-web.or.jp/museum/01top/f_top.html
【コンサート:耳をすます】
石村真紀氏、三宅博子氏
2008年2月16日(土)午後2時~3時 ホール
入場無料[要観覧券]、申込不要

ピアノとクラリネットの即興による音の響き合いを楽しみながら、来場者も音作りに参加できる体験型コンサート。身の回りにあるものから思いがけない音楽が紡ぎ出されることを実感するひとときです。

石村真紀氏:こどもと即興音楽でコミュニケーションをとりながら支援していくクリエイティブ・ミュージックセラピー(音楽療法)をイギリスで習得、帰国後、病院や施設で実践。即興音楽のピアニストとしてコンサート活動も行う。相愛大学音楽学部准教授。

三宅博子氏:大阪音楽大学音楽学部クラリネット専攻卒業。その後、重症心身障害児施設で保育士として経験を積む。現在はハンディキャップのある人との即興的音楽セッションを行いながら、音楽療法の研究に取り組む。

[PR]
by kogurearts | 2008-01-21 19:13 | お奨め

ポピュラー音楽の会社研究

ポピュラー音楽の会社研究  

ポピュラー音楽の会社構成などが、じつは、なかなか複雑なので、関連サイトをメモっておく。
参考のサイト
◎ 社団法人日本音楽事業者協会・・・アーティストを発掘・育成し、その価値を世の中に送り出している事業者(通称「プロダクション」)を正会員とするので、音楽アーティストだけではなく、ひろく芸能タレントさんのプロダクションでもある。関連事業(番組制作、音楽出版、コンサート企画・・)を会社内で行ったり、子会社化して行うことも多い。
 ☆正会員の例示
株式会社ホリプロ
株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ
株式会社田辺エージェンシー


◎ 社団法人音楽制作者連盟・・・音楽プロダクションは、「アーティストとクリエイティビティを分かちあうスタンス(=マネジメント)」において、日常的にプロデュース活動を行っている。マネジメントのうちの「ビジネス管理」には、もちろんアーティストがもつ権利の擁護と行使も含まれる。日本音楽事業者協会がアイドル・歌謡曲中心だったのに対してロックなどのミュージシャンのプロダクションであると一応区別されている(が実はいろいろだしプロモーションもしていたりもする)。会員名簿
 ☆正会員の例示
株式会社 アミューズ
株式会社ハンズオン・エンタテインメント

ニフティで音楽プロダクションを検索すると・・http://www.nifty.com/directory/entertainment/448/454/33013_1.htm



◎ 一般社団法人コンサートプロモーターズ協会・・・コンサートツアー事業を営む法人及び個人。全国の正会員社
 ☆正会員の例示
(株)ディスクガレージ・・・「ディスクガレージはコンサート/エンタテインメントをお届けするプロモーターです。私達がお届けしているのは主に関東近郊のコンサートですが、日本のロックやポップミュージックだけでなく、さまざまなエンタテインメントとみなさまの暮らしを繋いで行きたいと考えています。」
(株)サウンドクリエーター・・・「サウンドクリエーターは、70年代の始めアマチュアアーティストの発掘・育成・プロモーションと、当時の音楽業界大手が見向きもしなかった、フォークやロックのコンサート企画を中心に京都で生まれました。その後、大阪に本社を移し、音楽ジャンルの幅を広げると共に、音楽のみならず、スポーツイベント(野球・大相撲・サッカー・テニス他)や展示会(コンピューターや絵本カーニバル)やマネージメント業務(川藤幸三・トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団)を通じて多種多様なエンタテインメントを現在は提供しております。」


◎ 社団法人日本レコード協会・・・会員社


◎ 社団法人音楽出版社協会・・・会員メンバー
 ☆正会員の例示
株式会社バッドニュース音楽出版・株式会社バッドニュース
[PR]
by kogurearts | 2008-01-15 14:00 | 授業関係

1/12のアーツ鑑賞に配ったレジュメ

ギャラリストとアーティスト
~テオ・ヴァン・ゴッホというアーツマネージャーの生き方~

〈兄ヴィンセントは弟テオなくして、画家ヴァン・ゴッホたりえたか?

More 詳細
[PR]
by kogurearts | 2008-01-13 21:43 | 授業関係

京都府で行う国民文化祭へ、ぜひ、コメントを!

国民文化祭が毎年各都道府県で行われています。
京都府でも、2011年秋に行うことになっています。

でも、始まったときと色々な面でこのフェスティバル、変わってきています。京都府では、従来の発想を転換し新鮮なものにするようなこと、たとえばアーティストインレジデンス的な発想を取り入れることとか、お国自慢ではなく、スタンダードでベーシックな文化を扱うことなど、当たり前でしかも忘れそうになっていることを大事にしようとしています。

ぜひ、忌憚のないコメントをつけてほしいなと私も思っています。
文化、アーツのジャンルすら特定できないような、そんな「まちつかい」的なものが実は私は見てみたい、創ってみたいと思っています。ではでは、ご意見メールのこと、よろしくお願いします。18日までです。

http://www.pref.kyoto.jp/bungei/kokubunsai-tyukanan.html
電子メールアドレス:bungei@pref.kyoto.lg.jp
※ 提出されたご意見の内容を確認させていただく場合がありますので、差し支えなければ、住所、氏名、電話番号もご記入願います。

* 第26回国民文化祭・京都2011基本構想(中間案)概要( PDFファイル ,121KB)
* 第26回国民文化祭・京都2011基本構想(中間案)( PDFファイル ,3MB)

[PR]
by kogurearts | 2008-01-08 08:23 | 文化政策のプレザンス

大阪府も、文楽などをおやすく(学生は1000円)

http://www.pref.osaka.jp/bunka/genki/

なお、2/2の一般S席(2000円)は完売間近だそうです。
大阪府では、今年度も、NHKさんのご協力を得て、「文楽」と「能・狂言」の公演を行います。
 「文楽」「能・狂言」は大阪・上方が世界に誇る我が国の伝統芸能「世界文化遺産」。
S席2000円というリーズナブルな料金で本格的な公演をお楽しみいただけます。
 この際、ご友人、ご家族、お誘い合わせの上、是非ご覧ください。
〇と き
<文楽> 『おおさか・元気・文楽』
■ 平成20年2月1日(金) 午後7時開演
■ 平成20年2月2日(土) 午後2時開演(ただし、S席は完売間近)
<能・狂言>『おおさか・元気・能・狂言』
■ 平成20年2月22日(金) 午後7時開演
■ 平成20年2月23日(土) 午後2時開演
〇ところ  NHK大阪ホール(地下鉄「谷町四丁目駅」すぐ)
〇入場料 S席(一般)2,000円 (学生)1,000円 (親子ペア)2,500円
       A席(一般)1,000円 (学生)500円

○チケット入手方法 チケットぴあ(Pコード 380-830)
             ローソンチケット(Lコード 54164)
(文化課でも予約を承ります。06-6941-9141まで)

[PR]
by kogurearts | 2008-01-07 10:12 | お奨め

京都府庁旧館はいいですよ!

http://npo.pref.kyoto.lg.jp/npo/center/huchosalon.html
第2回府庁旧本館さろん もっと京都を知りたい!
もっと、もっと、京都を知りたい人は集まってください。
NPOの達人たちが話題提供します。

■第3回 1月 9日(水) 18:30~20:00
「京都伝統工芸の未来の形」
NPO法人 京都伝統工芸活動支援会「京都匠塾」 代表 高橋博樹 さん

■第4回 1月 23日(水) 18:30~20:00
「京町家で知る暮らしと建物」
NPO法人 京町家再生研究会 事務局長 小島冨佐江 さん

■第5回 2月 6日(水) 18:30~20:00
「不思議がいっぱい!京の社寺」
NPO法人 京都観光文化を考える会・都草 理事長 坂本孝志 さん

[PR]
by kogurearts | 2008-01-07 09:48 | お奨め

神戸大学のアーツマネジメント

http://web.cla.kobe-u.ac.jp/artmg/

神戸大学の表記のほうは、アートマネジメントですが。
都市文化再生ですね。
藤野先生たち。

あら、野村さんや服部さん、そして、ちんどん概論・・・
コミュニティアートセミナー †
* 2008年1月17日 野村誠「コミュニティー・ミュージックって何でしょう?」 
* 2008年1月24日 服部正「アウトサイダー・アートの歴史と現在~障害のある人がアートを変える~」
* 2008年3月3日 ちんどん通信社「ちんどん概論」(仮題)

[PR]
by kogurearts | 2008-01-04 10:53 | 文化政策のプレザンス