アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

お囃子隊に応募しよう

山科青少年活動センターで、地域のお祭り囃子をならって、活躍できます。
いま、メンバー募集中!
http://www.jade.dti.ne.jp/~yamasei/ohayasi/ohayasi.html
動日時:毎週土曜日 18時30分~20時30分(練習日)
 活動場所:京都市山科青少年活動センター
 対   象:京都市内に在住在勤在学の中学生から30歳の方。
 講   師: 進藤 秀保氏(大石神社宮司)他 大石神社ともえ会のみなさま
 TEL 075-593-4911 / FAX 075-593-4916
       e-mail yamasei@jade.dti.ne.jp

やませいでは、それ以外にも募集がありますが、とりわけ、大石神社のお囃子や獅子舞をする若者がほしいそうです。わたしも、お奨め。学生のときが大チャンスだと思います。
地域ボランティアの実績にもなり、せこいですが、
レポートに生かせ、就活にも生かせます・・・・
[PR]
# by kogurearts | 2009-03-10 17:02 | お奨め

京都橘大学研究紀要第35号が出ています

京都橘大学研究紀要第35号が出ています。
学生のみなさんには学術振興課にいえばもらえるはずです。

いま、二つの論稿を読みました。じつに勉強になったし、それ自身、読み物として面白かったです。

まず、河野良平先生の《前川國男の「京都会館」における設計手法について》
1960年竣工の京都会館。翌年の東京文化会館の方がお世話になった回数が多いですが、数年前までは、卒業式がここで行われていました。とりわけ、中庭がいいですよね。
河野氏の論稿で面白かったのは、計画案(そのまえにコンペ案あり)から実施案にかけて、音楽ホールから多目的ホールにすることや800席を1300席にすることなどの変化とともに、形状の成熟プロセスが見られるという指摘です。
p159
《・・・4章でみた「京都会館」第1案の模型写真は前川の言うところの「やせた」建築だったと思われる。それが、第2案から実施案に至る過程で肉がつきフィクションを纏って「建築」へと昇華した。人を招き入れようとする大きく湾曲した庇や大きくなったピロティによって「京都会館」は人々に受け入れられ、親しみやすい施設になったことはまず間違いない。》

建築になるために必要となる「フィクション」。当時、前川さんはタイルを貼ることでそれを表現しようとしたと河野氏は言う。建築の肉となりうるフィクションは、物語りに通じるように思える。前川さんの言葉にも、骨董家が壺を集めるのは、「お前の大事にしているものをお前に代わっておれが預かってやろうというような意味(小林秀雄が言っていると前川)」があるのだけれど、そういう意味をフィクショナルに付け加える壺という存在そのものが物語性を持ちうるものなのだ、となんとなく感じるのですね。

もうひとつ、同じく同じ学科の西山紀子先生の《戸の開閉行動と取っ手のデザインとの関連性について》。あまりに身近な戸、扉。うちの大学の図書館や清和館、清優館、清香館の出入口とそれについての学生の発語が研究調査につかわれていて、面白いし、そのベースにアフォーダンス理論があるという部分に、なんだか、私とつながっていて興味ぶかい。「戸に与えられているメッセージ性」とアフォーダンスとの関係、そして、インテリアのフィクションあるいは物語りということと何らかの関係があるのではないか・・・また、西山先生とアフォーダンスについて、そして、河野先生も交えて、建築インテリアにおけるフィクション性をめぐって、あれこれ、お話ししようと思う。
[PR]
# by kogurearts | 2009-03-08 14:39 | お奨め

市場原理主義のタイムラグ

京都市「青少年活動センター」施設利用有料化に反対する請願署名のお願い

どうも、国政では、郵政民営化=郵政米営化の見直しがすすみつつあるんですが、大阪府とか京都市では、これから市場原理主義、文化形成からイベント発信への流れが加速しているようですね。

うちの高山先生のニュースが出ていました。
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2009/03/02/post_5441.phpより引用 
記念講演した京都橘大学の高山一夫准教授は、構造改革路線の推進により社会保障の市場化、公的病院の民営化が推進されている現状を批判し、「住民の暮らしに不可欠な地域医療や病院再編問題を通じて地域のあり方を考えることが大事だ」と強調しました。

[PR]
# by kogurearts | 2009-03-03 14:20 | 社会活動

第5回子どもの文化フォーラム2009年6月7日 かえっこバザールは5/10も

第5回子どもの文化フォーラム2009年6月7日の概要がきまりました。
去年に続いて、かえっこバザールを行いますが、5/10にもかえっこバザールを山科青少年活動センターで行います。スタッフを募集します。こぐれ研究室まで。
お客さんとして、おもちゃを持ってきてもらうことも大歓迎です。

催し物名:第5回子どもの文化フォーラム
サブタイル:色んなかかわり、広がれつながり。
日時:平成21(2009)年6月7日(日) 11時~16時半
場所:京都市東部文化会館全館

事業内容
1)人形劇『はこBOXES』デフ・パペットシアター・ひとみ
  14時半開場 15時開演、16時半終演予定(間に10分間の休憩)
  聴覚障碍者対応のことなど、案内などについて、ひとみさんから聞く必要あり
  チケット 前売 子ども500円、大人800円
       当日 子ども600円、大人1000円
  京都橘大学の授業として鑑賞予定
(アーツマネジメント論・都市とアーツ受講者・TAM研メンバーほか)

2)子ども・若者のステージコーナー
  12時半~14時半  創造活動室  
かえっこポイントを出す 場内整理など3回ゼミ生対応する可能性あり

3)あそびコーナー
  12時~14時40分  会議室1,2,3
  かえっこポイントをもらう場所でもある・・・輪投げ、図書コーナーなど
  主に2回生ゼミ生がその内容を企画し実施する  
子どもの付き添いの方が寛げるコーナー(昔のおもちゃの展示はどうか?・・3回生)

4)かえっこバザール
  11時~14時  エントランスロビー 
京都橘大学2回生ゼミ(6/6に準備)が、子どもたち(バンクマン、レジ係り、ショップ係、倉庫運搬係となって、10分1ポイント程度で活躍してもらう)とともに運営
  かえっこバンク(いらなくなったおもちゃを受け付ける→ポイント数のスタンプを押す)
   近くに、説明した模造紙などを貼る 
お店コーナー・・・1ポイント、2ポイント、3ポイントごとなどに並べる 
オークションコーナー・・・感動ポイントのおもちゃをオークションする台とホワイトボード
  かえっこレジ(スタンプを消して、渡す。紙袋なども用意する)

なお、去年と同じように、かえっこバザールinやませいを、5/10(日)に6/7のプレ的に行うことになった。

5/10(日)12時~15時の予定 山科青少年活動センター2階スポーツ室にて
こちらも、手伝ってくれる子どもを募集(小中高生)。5/9(土)の19~21時に少し準備。10日の午前中に説明と準備完成。

また、次回の子どもの文化フォーラム実行委員会は、
5/12(火)13時~ 2回生ゼミの時間なので、授業として参加(4限目がある学生は途中で退席)。
[PR]
# by kogurearts | 2009-02-28 17:58

小暮宣雄の担当部分で訂正(赤字部分)があります。

20日に09年度のシラバスを公開されていますが、http://syllabus.tachibana-u.ac.jp/univ/2009/syllabus/
小暮宣雄の担当部分で訂正(赤字部分)があります。来週大学に言いますけれど、速報です。

ほんと「イベント・・・」という科目にアーツマネジメント関連がなってしまったんですねえ・・・
でも、この「イベントデザイン論」は「アーツマネジメント論Ⅱ(演劇・ダンス)」と同じです(共通開講)。
けっきょく、都市環境デザインもわたしのなかでは文化政策と自動変換されるし、
いままでと何もかも同じだということで、よろしくです。
ただし、文化政策関連の科目が減るので、サバイバルで政治学や行政法をするのですが、これもまた楽しもうと思っています。


アーツマネジメント総論前期Z・・・アーツマネジメント論前期と共通開講
アーツマネジメント論Ⅱ(演劇・ダンス)前期・・・イベントデザイン論後期と共通開講
アーツ鑑賞演習Ⅰ(音楽・美術)前期後期Z・・・・アーツ演習Ⅱ後期と共通開講
アーツ鑑賞演習Ⅱ(演劇・ダンス)後期・・・・アーツ演習Ⅱ後期と共通開講
文化政策専門演習Ⅰ前期h
文化政策専門演習Ⅱ後期h
都市とアーツ前期・・・08年度からはじめたもの(アーツのはじまり仮説としての怖いということ)
基礎演習Ⅲ前期d
基礎演習Ⅳ後期d
アーツマネジメント論前期・・・アーツマネジメント総論の後継
イベントデザイン論後期・・・アーツマネジメントⅠⅡ(各論)とほぼ同じ(半分になったけれど)
アーツ演習Ⅱ後期・・・アーツ鑑賞演習ⅠⅡの後継(半分にしなくちゃいけないのが難しい所)
行政法Ⅰ前期・・・09年度からの新規
行政法Ⅱ後期・・・09年度からの新規
政治学概論Ⅰ前期・・・09年度からの新規
政治学概論Ⅱ後期・・・08年度からはじめた
[PR]
# by kogurearts | 2009-02-21 09:48 | 授業関係

08年度、卒業研究タイトル一覧(こぐれゼミ)

地域におけるアートプロジェクトの可能性―藤浩志「かえっこバザール」を例にして―

アーツマネジメントにおける文章記録の意義―めくるめく紙芝居での制作スタッフ経験を通して―

マーチングバンドにおける社会の周知―マーチングバンドを広めるために―

アーティストとアーツマネジメントから研究する卒業制作
雑貨と写真による展覧会*「ケセラセラ~2人のマーブル世界記」

安心をつくるユニバーサルサービス~ユニバーサルデザインとユニバーサルサービス、アーツマネジメントの現場から~

妖怪の魅せ方~妖怪を取り扱ったアーツ~

なぜ現代の人々は美容整形をするのか

北欧デザインの豊かさと魅力

劇場空間 ―快適に芸術を提供するために―

音楽空間におけるライブハウスの特質

パブリックアートと共存していくためには

アーツマネジメントにおける記録映像の役割―めくるめく紙芝居を「見せる」から「残す」へ―

雑誌が未来にある方法―衰退する報道メディアとしての現状から出発して―

「劇団壱劇屋」活動報告書―裏方の魅力とは―

アーティストとアーツマネジメントから研究する卒業制作
雑貨と写真による展覧会*「ケセラセラ~2人のマーブル世界記」*

日本の公共劇場のいま
[PR]
# by kogurearts | 2009-01-31 10:16 | 授業関係

漢検って、本部が京都市だったんですね!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%83%BD%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E5%AE%9A%E5%8D%94%E4%BC%9A

http://www.zakzak.co.jp/top/200901/t2009012302_all.html「ZAKZAK 2009/01/23」より引用:
「漢検」のボッタクリ…公益法人なのに20億円の利益
文科省が指導へ

 年末恒例「今年の漢字」を主催し、昨年、「変」の1字を揮毫(きごう)した森清範・清水寺貫主も理事を務める「財団法人日本漢字能力検定協会」(京都市、大久保昇理事長)が過去4年間、公益法人としては異常なほど巨額の利益を上げていたことが分かった。総額は約20億円。管轄する文部科学省は2月上旬にも同協会を立ち入り検査する方針という。

 漢字が苦手な麻生太郎首相も一役買った(?)漢字検定(漢検)ブームだが、運営者はかなり“変”な団体だった。公益団体として必要以上の利益は出せないにもかかわらず、同協会は2006年度に約8億8000万円、07年度も約6億6000万円の利益を計上。07年度末の正味財産は3年前より23億円多い73億円まで膨らみ、4年間の利益総額は20億円にも達している。

 その一方、大久保理事長が代表を務める広告会社に、同協会が広報費などの業務委託費を年間2億-3億円も支払いながら、これを文科省に報告していなかったことも23日付の読売新聞が報じている。

 漢検の検定料は、1級から10級まで1人あたり1500-5000円だが、昨年11月にポータルサイトのgooが行った「取ってみたいと思う資格」調査で2位(1位・TOEIC)になるなど、その人気はうなぎ上り。受検者数は04-07年で30万人増の271万人となっている。

 文科省は04、05、07年度にも検査を行い、検定料の引き下げを指導。協会も検定料の一部引き下げ計画を提出した。だが同省は、検定の経費が1人あたり2000円程度にもかかわらず、最大約3倍にもなる受検料を問題視している。・・・・

[PR]
# by kogurearts | 2009-01-24 06:28 | 雑記

ぜひ、時間と余裕と興味のあるかたは、ご参加を!

とくに、25日のほうは、成績づけをしていないときなので、
私の授業で単位が心配な人、ぜひ、参加して、私にメモでいいので感想を!
ぐっと、いい印象になると思います。

文化ボランティアコーディネーター養成講座@さきら です。
<第1回 文化ボランティアコーディネーター養成講座>
日時/平成21年1月25日(日) 16:00~18:30
場所/栗東芸術文化会館さきら 研修室(定員30名)

講座/ワークショップ♪みんなで話そゔ文化ボランティアコーディネーター″ってなにするん?

講師 五島智子(Dance&People代表)・根木山恒平(りっとーあーとをつくろう隊)
*視覚障がい者と共にダンスをつくるワークショップ等、身体性を超えた活動を実践している五島さんを迎え,参加者からの意見や疑問等を意見交換、共有しながら一緒に学び、コーディネーターとしての活動のヒントを探ります。動きやすいリラックスウエアで参加してください。


<第2回 文化ボランティアコーディネーター養成講座>
日時/平成21年1月30日(金) 18:30~21:00
場所/栗東芸術文化会館さきら 研修室(定員50名)
①講座/「地域における文化ホールとボランティアの係わり」 18:30~19:30
・講師:桜井俊幸(新潟県:小出郷文化会館館長)

②公開討論/「求められる文化ボランティアのあり方とコーディネーターの役割について」19:45~21:00
・パネラー:小暮宣雄(京都橘大学教授)・桜井俊幸・吉田元(新潟県:小出郷文化会館事業担当)
・進行:西川賢司(さきら事業担当部長)

<参加料> 無 料

お申し込み方法:FAX又は、E-mail にて、住所・氏名・電話番号・E-mail アドレス・参加希望理由(あれば)を明記の上、下記へお申込ください。※いただいた個人情報はさきらの事業案内にのみ使用します。

主催・お問合せ/栗東芸術文化会館さきら(文化庁委託事業)077-551-1455  事務局:松崎正明
〒520-3031 滋賀県栗東市綣二丁目1番28号   E-mail/info@sakira-ritto.net

[PR]
# by kogurearts | 2009-01-09 06:12 | お奨め

あけましておめでとうございます

ブログをいっぱいつくって
でも、こぐれ日乗以外は放置しています。

うーん。やっぱりいろいろ体力、知力ともじょじょにいい感じで衰退に向かっているのかも
でも、それはそれできもちいい、ぼけかた、よろけかたではあります。

いま、授業でも、じぶんが間違うということ、度忘れするということを前提にして、
学生さんたちが、緊張感をもって、フォローしてくれているようで、
感謝なんですね。

こちらからいろいろ行っている方もいると思います。

あんまり、更新しないかも知れませんが、よろしくお願いいたします。

小暮宣雄 6/13で54歳になるおっさんより
[PR]
# by kogurearts | 2009-01-09 06:11 | 雑記

100円生協朝食の記事

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20081206-OYO8T00221.htm
朝の学食充実…京の3大学 生活支援と食育
 学生の街・京都で、大学生協が学生食堂の朝食メニューを充実させている。学生生活が経済的に厳しくなっていることが理由だが、大学ごとに食育の狙いも異なる。三つの大学の学食を訪ねた。
(西堂路綾子)
・・・・・(京大)
・・・・・(立大)

100円朝食

 学生数約2800人のうち6割弱が下宿生という京都橘大(同市山科区)の生協は、今年5月から「100円朝食」を提供。主菜は魚、副菜は地元農家が作った野菜を中心にと、健康重視のメニューで、ご飯とみそ汁付きで、この価格だ。ご飯とみそ汁は、無料で1回おかわりできる。

 ある日の献立は、サバの煮付け、トウガンの煮物など。週5日フルに利用する1年篠原雄之さん(19)は、「100円朝食が始まるまで、作るのが面倒で朝は何も食べなかった。100円朝食はメニューが選べないけれど、苦手な野菜も食べるようになり、学業成績も上々」と話す。

 京都橘大生協の東川絹子さん(60)によると、1食分には約360円かかっているが、生協の他の黒字の事業部門の収益から補てんする。「将来やりたいことをやるには健康な体と持久力が必要。まず、100円朝食で、朝食を取る習慣をつけてほしい」
・・・

 〈メモ〉全国81の大学生協でつくる全国大学生活協同組合連合会が07年、36大学の約9700人を対象に行った生活実態調査では、朝食を取る割合は自宅生80.8%、下宿生61.3%だった。1990年はそれぞれ70.5%、43.9%。意外なようだが、年々、改善傾向にあり、「夜更かしして朝寝」という不健康な学生像は見えてこない。

 ただ、学年が上がると、数字は下がり気味という。ちなみに、内閣府の食育白書08年版では、朝食を食べない割合が最も高いのは20代男性(30.6%)だった。

(2008年12月6日 読売新聞)

[PR]
# by kogurearts | 2008-12-10 11:07 | 学生とともに

京都橘大学の学生さんには、通常価格から特別に200円引き

ニットキャップシアター第24回公演
「クレームにスマイル」<京都公演>について、メールあり

京都橘大学の学生さんには、通常価格から特別に200円引きの、
2300円にてご案内いたします。
予約連絡の方法は、

knitcap24@gmail.com

のメールアドレスに、件名を「橘大学のチケット割引で予約」としていただき、
お名前/連絡先/希望日時/チケット枚数を
本文内容にして、送信していただくだけでオーケーです。

お忙しい中、先生に告知をお願いすること、申し訳ありません。
しかし、少しでも多くの方に観ていただきたい作品です。
是非ご検討ください。


公演日程は、
以下の通りとなっております。

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
ニットキャップシアター第24回公演
「クレームにスマイル」<京都公演>
2008年11月20日(木)~24日(月祝)
@アートコンプレックス1928

<公演スケジュール>
11月20日(木)19:00★
11月21日(金)19:00
11月22日(土)14:00 19:00
11月23日(日)14:00 19:00
11月24日(月・祝)13:00 17:00
※受付は開演の1時間前、会場は開演の30分前です。
★20日の夜はニコニコday! (⇒お得なチケット)
※24日(月.祝)のみ昼.夜の開演時間が異なっております。
ご注意ください。

<チケット料金>
□一般前売|3,000円 当日|3,300円 (全席指定)
□U-25|2,500円
…25歳以下限定、前売・当日共通料金、受付で要証明
□★ニコニコday|2,500円
…11月20日19時限定、前売・当日共通料金

<お問合せ先>
劇団携帯:090-7118-3396
予約先メール:knitcap24@gmail.com
劇団問い合わせメール:info@knitcap.jp
[PR]
# by kogurearts | 2008-11-12 22:08 | 学生とともに

この世にいない人に捧げます

かえるさんの沼をきいていると、とてもアーツマネジメント研究、芸術と社会との関係論などについての勉強になりますよ!
沼 397: 花火と飛行機
蔡國強、Chim↑Pom、誰に捧げられるか
この世にいない人・・・死んでしまった人、まだ生まれていない人・・・

アートが持っている態度が、この世にいない人へと捧げられているとき

それを見届けようとする・・・

http://12kai.com/diary.htmlより   原爆ドームでの花火に関して・・・
[PR]
# by kogurearts | 2008-10-30 07:33 | 文化政策のプレザンス