アーツマたちばな

kogurearts.exblog.jp
ブログトップ

演劇をコミュニティ・ビジネスとして生かすこと

今日が最後の研究室だったのに、大掃除もせず、卒論の要約を出している学生と出していない学生をチェックしたりしているとすぐに時間が経つ。葬祭ビジネスの雑誌(「フューネラル・ビジネアス」)も読まないで溜まっていて、ずいぶんとし残したことの多い1年となった。

ちらっと読んで面白いと思った記事(それが雑誌の山にまぎれてどこにあったかまた見当たらなくなっているのだが)に、宗派に関係なく導師さんを紹介するビジネスがあった(宗派内だとうちの真言宗のお寺でも法事のときにいろいろなお坊さんが来るというから、サービスの斡旋調整をしているはず)。インターネットで検索すると「日本近代宗教研究会」というところがしているようだが、ぼくが読んだのはもともと霊園経営のところだったはず。

どちらにせよ、菩提寺がない世帯が増えていることで、僧侶をデータベース化し(読経や説教のタイプなどを記録していく)、お葬式のときに適切な(料金=お布施、タイプ)導師を宗派別に適切に紹介するのは、喪家側のメリットもある(お布施料金の透明化)が、基本は事務所サービス業として、本業で仕事の出来るという面で寺院が助かることで成立する(葬儀社にもメリットあり)システムなのだろうと思う。葬儀社に喪家の紹介料を払う一方、導師がいただいたお布施の3割を受け取るというのが、雑誌で読んだサービス会社の仕方だった。

そんなことを思っていると、蓮行さんらが来たというので、下に降りる。第1回「京都演劇力活用ビジネスモデル研究会」である。「演劇の力を活用した京都らしい生活演出型ビジネスモデルの開発」を50万円の助成金でどうやって運営するかを打ち合わせする。
どんなゲストを呼ぶかということ(東京でなりそめ演劇などをやっている会社ロングランプランニングの人と蓮行さんは知り合いだということと、参加企業をどう増やすか。話す中でイメージが膨らむ。結構ユニークな研究会になりそうだ。生活と演劇をつなぐということは、葬式において行われている導師紹介システムと同じサービスを、冠婚葬祭はじめいろいろな生活シーンにおいて、演劇で出来るかということでもある。演奏者紹介システムはあるので、これも参考になるだろう。

1/31(月)の15時から17時まで第2回研究会を京都橘女子大学で行うので、学生など希望者は申し出てくださいね。

終わってから、研究室にメンバーを案内すると、24時間、こんなことばかり考えていられてうらやましいとか、オルガン弾けるのを自慢したかったのね、とか言われて、うーん、そうだなあ、何とか演劇でやっていける仕組みを考えなくちゃと心したり(年末なので)。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-24 15:43 | 研究活動

コミュニティ・シネマの行方

長谷川孝治さんの日記で知る。
公共上映とコミュニティ・シネマ運動の行方
コミュニティシネマ支援センターというサイトのなかです。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-23 08:59 | 学生とともに

校務の日

日録もここに統合していくので(練習) 
キャリア教育について、いろいろ勉強しました。価値観形成がぼくたちの役目、そしてキャリア科目は職業観形成、そしてノウハウは学生支援課でするんだなあ。その連携ですね。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-21 17:35 | 学生とともに

入試監督

トカトントンとか(入試監督・採点のあとダンスdeゴザンスに行った話は、こぐれ日乗にて)
c0009815_12281293.jpg
看護学部ができたり、文化政策学部が文化政策学科のほかに現代マネジメント学科ができたり、共学になったり(でも2割程度かな、男子は)、京都橘大学も女子が2005年度はとれてずいぶん変わります。ぼくも少しは面白い講義をしなくちゃと思います。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-18 12:22 | 研究活動

いま、読んだり読もうとしたりしている本、ビデオ

c0009815_895810.jpg高嶺格さんのビデオを授業で流すかどうか、考え中です。その前に彼にはメールしなくちゃいけませんが。「セックスボランティア」の方はこのビデオのなかの「木村さん」との関連で買ったまま、読まなくちゃと思っている本です。
c0009815_810815.jpg島田裕巳さんのサイトにコメントを載せたら、紹介していただきました。彼も女子大の教授をされていたので、気になられたのかなあと思いました。『戒名』を読まなくちゃと思っています。オウムのことも、厄年のことも気になりますね。「友人葬」になるほどと思いました。
c0009815_8101671.jpg
鈴木翁二のマンガは、いま読み出したマンガ以前から、この筋はなじみではありました。でも、CDの関係もあって、よりじっくりと読み直しています。

[未明-よあけ-の歌/鈴木翁二](近日発売)
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-14 08:09 | 研究活動

共通科目の準備

c0009815_22414867.jpg
とつぜん、マンガが増えました。
ぷちナショナリズム症候群」(香山リカ、中公新書)を教科書にする「自分探しの旅」という科目を持つことになり、マンガを読み出しました。
まず買ったのは、「きみはペット」(1巻~10巻)だったのですが、いろいろ芋づる式に増えてきて・・
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-11 11:49 | 研究活動

演劇とコミュニティビジネス

ささやかな助成金しかでないのですが(50万円)、京都の演劇人と共同で、演劇を生活シーンの演出として活用するビジネス開発モデルを考える研究会をはじめることになりました。
京都産学公連携機構「文理融合・文系産学連携促進事業」という助成事業で、先日審査される側にたつことになり、これはいい勉強になりました。うまく説明できないのですね、これが。いつも、ヒアリングするほうなので、ヒアリングされるほうの不安とか難しさを知ることができたわけで、これからは、相手の立場になってヒアリングしなくちゃと思っています。

ところで、今月からはじめるこの研究会「演劇の力を活用した京都らしい生活演出型ビジネスモデルの開発」ですが、劇団衛星代表の蓮行さんら如意プロデュースの人たちはどちらかというと観光関係とのタイアップを考えているようで、わたしとしては、冠婚葬祭との連携を考えていて、そこはうまく広げいければいいし、ホテル業なら、合致するしね、と思っています。京都の企業さん、そして演劇関係者の参加を期待するところです。
これは「移動アーツ」の演劇版(紙芝居の新しい展開)とも関連するものでもあります。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-11 11:23 | 研究活動

10/16の写真が見つかる

c0009815_753995.jpgbonclameguさんですね。
彼女は音楽センス抜群なのに、残念ながら私のゼミを選んでくれなかった(泣き)。でも、きっとチンドンだけは続けてくれるでしょう(希望)。
それにしても、いまの1~2回生で誰か彼女みたいな学生いないかなあ・・・
なかなか、見つからないのはどうしてでしょうねえ。

うちの大学は(たぶん「うちの大学も」というべきかも知れません)アーツの鑑賞力も含めて才能がありかつ勇気のある(=他人と違ったことをすることが必要なら恐れずにする)学生が余りにも限られてしまっているので、これからの「移動アーツ」、大変です。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-09 22:46 | 学生とともに

少し昔の写真から

c0009815_11183832.jpg華乃家ケイさんの指導を受けるhiroe0120さん
c0009815_11192538.jpg
嵐山音楽祭のステージ、バスクラはもちろんbonclameguさん
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-09 11:18 | 学生とともに

2回生ユニット(いま現在ブログ仲間の二人)

岩屋神社秋祭り宵宮
hiroe0120さんとbonclameguさんですね。
いま気づいたのですが、ボンクラというのは、bon(いい)、cla(クラリネット)が入っているのですね。あなどれないボンクラ・・
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-09 10:59 | 学生とともに

こちらに大学関係は移しますが

10月17日秋晴れ
以前のものは、こぐれ日乗にありますので、少しこちらにも載せておきますね。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-09 10:59 | 学生とともに

いまは二人ブログを作った段階ですね

ということで、私(小暮宣雄)も大学用のブログを作り、二人のブログをリンクしたところです。
楽しみですね。
[PR]
# by kogurearts | 2004-12-09 10:41 | 学生とともに